リビングに置けるシンプルなランドセルラック探し奮闘記!


おすすめまSU!

リビングに置けるシンプルなランドセルラック探し奮闘記!


小学二年生の娘のランドセルラックの購入。結構迷いました。サクッと思い描くものを買うつもりが、ネットでは様々な形状・デザインのものがいっぱいあります。悩ませてくれますね~ネットショッピング!

価格もいろいろ。形状も微妙な違い。こだわりがあるちょっと目を引く商品は高い。でもそれを見ちゃうとリーズナブルな商品が目劣りする・・・。変なサイクルにのまれます。

そんな選択肢の中、キッチリ自分の意思で決断し(娘のものですが)、ランドセルラックを購入しました。

基本的にリビングに置いても違和感のないようなコンパクトでシンプルデザインのランドセルラックを求めていました。

実際に購入に至ったランドセルラックはこちら!



楽天ショップで購入しました。画像右側のタイプのものです。

価格・用途・大きさ・デザインをトータル的に考慮して選んだランドセルラックです。

→ シンプルでリビングにも置けるランドセルラック購入で大正解。その詳細を徹底リポート!
で、届いた様子や細部の写真、使い勝手などの感想をまとめています。宜しければご覧ください。

結果的にナイスショッピング!理想的なものをチョイスできた感じです。

しかし、このランドセルラック購入に至るまで、かなり迷いました。そんな様子、お伝えします。

購入に至らなかったけど、イイなと思った他の商品。色々ありました・・・。




スポンサーリンク


落ち着いたデザインがリビング置きにもマッチ!
キャスター付き縦長タイプのランドセルラック



まずはこのランドセルラック。縦長タイプのラックです。カラーは3タイプあるようですが、写真の茶色が気に入りました。リビングに置いても、場所もデザインも邪魔しない感じ。

サイズの方は
高さ 108センチ
 35センチ
奥行 40.2センチ

実際購入したものよりも全体的に一回り大きいサイズです。収納の形式もフリーに使える空間・寝かせて置ける小分けの棚・引き出し2個と、使い勝手がよさそうなバランスの良い形です。ランドセルを置く部分の「柵」の長さもあり、安定して置けそうです。

材質は「プリント化粧繊維板」。商品は「完成品」で届きます。キャスターやフックなどを付けるだけ。購入したラックととても似ている条件です。

このラックが一番迷ったのですが、やはり決定づけたのは価格の差。

2017年8月現在で
購入したランドセルラックは 11,900円(税込)
こちらのランドセルラックは 18,800円(税込)

安い方に決定!となった訳です。

もちろん、大きさ・収納力はこちらの方があります。デザインも高級感を漂わせるものとなっています。価格にそれほど差がなければ、迷わずこちらを購入していたでしょう。



天然の木のぬくもりがイイ!
パイン材のランドセルラック



こちらのランドセルラックは、迷ったというよりも憧れの目でいいなぁと思った商品。

プリント化粧板(木目のプリントシートが貼られたもの)ではなく、本体部分は天然の木です。やはり木のぬくもりを感じ、「本物の家具」テイストを出してくれます。

使われている材質はパイン材です。自然で綺麗な木目が生かされた材質の一つです。

リビングに置ける、というより「リビングに置きたくなる」ランドセルラックです。引き出しはついていませんが、これがまた一層自然な風合いを感じさせてくれます。

しかし選ばなかった(選べなかった)理由は・・・
23,544円(税込)※2017年8月現在
という価格ですね~。

私にとっては非常に高すぎました。そもそも学習デスクを購入せずに済ませようという魂胆でランドセルラックを買おうとしている私ですので、2万円を超すのは本末転倒です。

う~ん、やはり本物の木のぬくもりは、リーズナブルには味わえない訳ですね・・・残念。



子供の服も一緒に!
ハンガー付きタイプのランドセルラック



ハンガー付き!このランドセルラックにも魅かれました。日頃よく着るコートやパーカーなどのアウター類をかけることができます。私が求めているコンパクトなランドセルラックではなくなってきますが、その利便性から考えるとこれもありかな!なんて思いました。

しかし、「子供部屋に置くのなら」いいかな~という感じ。広くない我が家のリビングに服の収納が増えると何か圧迫感を感じそうです。「リビング置き」では少々重くなりそうです。

更に、ハンガーがかけれそうなところがあれば、すぐに何かしらの服をかける「ずぼらな」私どもの生活システムでは、この子供専用であるべき箇所が、何かしらの洗濯物も含めパンパンでみすぼらしい外観になってくる事が予想されます。お~危ない危ない。

我が家のようなずぼらではなく、普通のご家庭では、便利に使えるラックだと思います。服が好きな方は特に、かけている「洋服」もまたインテリアの一部にもなりますしね。ラック自体も無駄なデザインのないシンプル設計!これは洋服好きの方にはおすすめですね!

また、私の子供の学校は私服登校なのですが、制服がある方も使いやすそうです。「制服をかける場所」として使え、制服をプライベートの服と分類できます。



収納力は抜群!
でも低価格のランドセルラック



こちらのランドセルラック!まず、価格が 9,990円(税込)!※2017年8月現在

で、この収納力です。大きな幅広の引き出しもあります。これだけの容量だと、子供の学校での物・プライベートの物。全部おさまりそうです。収納スペース、価格から考慮すると、かなりコスパが優れているランドセルラックではないでしょうか!

ただ、このランドセルラックを選ばなかった理由は、リビングに置くには大容量すぎるかな~。子供の持ち物をここまで置けないな~。といった感じ。このラックもまた置くなら子供部屋に置きたいタイプです。

デザインも少しばかり子供向きな感じもします。

しかし、多彩な収納の仕方、大きさ、価格からみればかなり「お得」なランドセルラックではないかと思います。



最小限のものをしっかり整頓!
おもちゃ箱感覚で使えるランドセルラック



おもちゃ箱のようなランドセルラックです。小学校低学年では、自宅に置いておく学校の物はかなり少ないです。実際小学2年生の娘の持ち物もびっくりするほど少ないです。教科も少ないので、教材もほとんどランドセルに入った状態。入れ替えることがあまりないんですよね。

だからこのようなラックでも十分まかなえます。自分の持ち物として必要なものだけを管理できるようになっているので、整理整頓も身に付きそうです。「整理収納アドバイザー監修商品」となっています。なるほど。

「学校の物だけをキッチリ収納!」という場合にはこのランドセルラックは使いやすそうです。私のランドセルラック購入の目的も、「学校の物だけ」という名目でした。しかし、高学年になるにつれて、収まりきらなくなるのではないか?!という不安から断念しました。色々なランドセルラックを見て、もう少し収納力を!という欲が出てきたわけであります。




スポンサーリンク


迷って決めたランドセルラック!

こんな感じで、いろいろと迷ったあげく



このランドセルラックに決まった訳です。

使い始めは、収納量を持て余すぐらいスッカラカンでしたが、徐々に入れるものが増えている感じです。

漢字ドリル・使い終わったけど捨てれないノート・自由帳・学校でもらった賞状的なもの・プライベートで読む本・友達の手紙・わけのわからないおもちゃ・どこかで拾った石・・・。

それでもまだまだ余裕で収納できている様子です。

コンパクトすぎず、大きすぎずのこのランドセルラックはとても気に入っています。大人も、たぶん子供も。


最後までお読みいただきありがとうございました。




リビングに置けるシンプルなランドセルラック探し奮闘記! ページ先頭へ




↑ PAGE TOP