全国でのおでんの地域差が面白い!地域によって全然違う具や味付けを探ります。


おすすめまSU!

全国でのおでんの地域差が面白い!地域によって全然違う具や味付けを探ります。


おでん地域差

冬のお料理といえば「おでん」!全国で愛されるメジャーなお料理です。そして自由度も高いお料理の一つ。入れる具のチョイスや味付けは作る人の自由。おでんは各地方の好みの差が出やすいお料理なのかもしれません。

地域によってチョイスする具の重要度は様々味付けや食べ方も様々

そのような「おでんの地域差」というものを細かく探ってみたいと思います。




スポンサーリンク


北海道・東北のおでん

まずは、北海道・東北のおでんから。

おでんのベースとなる「だし」は昆布だけでシンプルにとる傾向にあるようです。そして味付けも、かなり薄味に仕上げます。薄味に仕上げるどころか、だしだけ、更には水だけで作るおでんもあるそうです。水だけの場合は、具材から出るだしだけということですね。

しかし、そんなおでんの具は「みそだれ」に付けて食べる訳です。なるほど。具材に味を染み込ませるおでんの調理概念とは少し違う訳です。具材そのものの味わいが楽しめそうです。

みそだれも青森ではショウガが入るという特徴もあるようです。温まりそうですね。

具材としては「さつま揚げ」の使用率は全国で見ると高めのようです。納得です。「おでんの定番の具の中で旨味を放つ数少ない具材」である練り物系は、シンプルなだしのおでんでは重要度が高くなりそうです。さつま揚げは魚のすり身です。入れるだけで魚介の旨味が出ます。

入れる具材で他に特徴的なものは、「ホタテ」「ツブ貝」などの貝類。そして「フキ」などの山菜があげられます。

フキは北海道ではおでんとしてメジャーな具材のようです。

おでん北海道ふき

その証拠にセブンイレブンのコンビニおでんのメニューでは、「山ぶき」として北海道限定で販売されています。コンビニでも売られてるんですね。

北海道・東北おでん。具材そのものの味わいを生かし、味噌で食べる!究極のおでんの食べ方なのかもしれません!



関東のおでん

関東のおでん。

日本の人口の3割以上を占める関東地方。関東地方のおでんは多くの人に愛されているおでん。したがって全国でも浸透し食べられている具材ばかり・・・ではないんですね。

ちくわぶスジ。これらは関東地方でしか根づいていない具材です。

まず「ちくわぶ」は小麦粉と塩と水を練って茹でた食材。

おでん関東ちくわぶ

関東の人にはこのような説明は不要なぐらいメジャーな食材ですが、他の地域では意外と知らなかったりします。ちくわのような魚の練り物?なんて思っている人も少なくはないでしょう。メディアにより「おでんのちくわぶ」という存在は認知されていますが、関東地方以外では馴染みのないおでんの具といえるでしょう。

ここでもまたセブンイレブンのおでんで調べてみますと、ちくわぶの販売地域は関東と山梨だけです。

そして「スジ」。関東でスジといえば魚の白身と軟骨を練った練り物。コリっとした食感が楽しめます。でもこれも関東の特徴的な具材。「スジ」といえば牛肉の「牛すじ」のことを指す地域の方が多いようです。

更に「結び昆布」。昆布そのものを味わう具材。

おでん関東昆布

これは全国的にもおでんに入れられる具材ですが、関東での投入率は高め。セブンイレブンおでんで「昆布巻」の販売地域は東京一部・千葉・埼玉一部のみとなっていることから、関東のおでんでは具材として昆布がよく使われている事がうかがえます。

おでんだしは、カツオのだしを強めにとり、味付けは濃口醤油で醤油のコクを効かせるというもののようです。比較的濃い目の味付けに仕上げるようです。

関東おでん。地域的特徴しっかりあります。ちくわぶも濃い目のスープだからこそマッチするのかも。餅巾着と同様にちくわぶはおでんの具の中では貴重な炭水化物要員ですしね。



中部のおでん

■■静岡おでん

地域の名前が付いたおでんとしては最も有名かもしれません。そしておでん屋さんが密集してずらりと並ぶ「おでん横丁」といわれる飲食店街もあり、おでん熱の高い地域といえるようです。

静岡おでん横丁

おでんだしには牛スジのだしが使われるという特徴もあります。濃い口醤油で味付けします。黒いスープの外観にインパクトがあります。

具材一つ一つに串を刺すスタイル。スープはお皿に入れず、「だし粉」「青のり」を振りかけて食べます。

そして、この静岡おでんでの定番人気の具材は「黒はんぺん」のようです。

黒はんぺん

黒はんぺんとは、魚の練り物ですが、魚の皮や骨も一緒に入っているので黒っぽい色合いのものに仕上がります。

他の地域と比べ、特徴的な要素が多く含まれる静岡おでん!美味しそうです。


■■名古屋のおでんは味噌おでん。

赤味噌を使います。味噌の有名な地域で、いろいろな味噌料理がありますが、やはりおでんも味噌味が主流のようです。

甘めの味付けに仕上げ、まったりとした味噌を楽しみます。


■■長野県のおでん。

これもまた地域差が出て面白いおでんです。おでんの具として「蕎麦がき」を入れます。蕎麦がきとはそば粉を練って塊状にしたもの。麺状の蕎麦ではなく、塊の蕎麦。と考えればわかりやすいでしょうか。

更に、長野県の飯田地方ではおでんに「ネギだれ」を付けて食べる文化があるようです。このネギだれの作り方は家庭によって差はあるようですが、きざみネギと鰹節を醤油に長時間漬け込むというもの。和風ベースのネギだれです。これをおでんに乗せて食べる訳です。また一風変わった味わいを楽しめそうです。商品として「信州飯田のねぎだれ」というものが販売されている程です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

信州飯田のねぎだれ 200g
価格:420円(税込、送料別) (2018/2/17時点)


このようにインターネットでも販売されています。おでん以外に様々なレシピにも使えそうです。



関西のおでん

関西のおでん。

おでんだしのベースは昆布とカツオ節。そして味付けが東日本とガラッと変わります。「醤油」が違います。東日本では主に「濃い口醤油」を使いますが、関西地方からの西日本では「薄口醤油」が主流になります。

濃い口醤油と薄口醤油の違いは、色の濃さや塩分濃度(薄口醤油の方が塩分濃度高め。)だけではなく、料理の味わいもかなり変わってきます。濃い口醤油は醤油のコクを楽しむ。薄口醤油は醤油の香りを楽しむ。といったところでしょうか。

薄口醤油であっさりと仕上げ、砂糖を入れ甘目に仕上げたりもします。

様々なレシピを見ても東日本と西日本の使う醤油の種類はこの関西地方を境に分かれているように感じます。

具材は、大根やタマゴなどの定番具材とともに、牛スジタコなども人気です。関東で人気のはんぺんはそこまで重要視されていないようです。そして「じゃがいも」投入率も全国の中ではトップクラスのようです。

■■姫路おでん。

兵庫県姫路市のご当地グルメとして、「姫路おでん」は有名のようです。大きな特徴は生姜醤油をタレとして付けて食べることです。具材として、牛スジはだしの要員ともなり、静岡おでんのように外せない重要な具のようです。生姜醤油、これまた独特な食べ方です。温まりそうですね。



中国・四国のおでん

■■松江おでん。

島根県松江市では「松江おでん」というものがあります。松江市はおでんが盛んな街のようです。「全国おでんサミットin 松江」なども開催するくらいです。松江おでんでは「春菊」などの葉ものが入るようです。葉ものは煮込まず軽く火を通して食感を楽しみます。そしてだしや味付け、具材に特徴がないのが特徴・・・のおでんのようです。お店ごとにだしや味付けは様々のようです。おでんという料理は自由が魅力。。松江のおでんはそんなおでんの良いところを存分に楽しませてくれそうです。

四国のおでん。

おでんに「からしみそ」を付けて食べるようです。青森県の生姜味噌と打って変ってこちらはからしです。中でも愛媛では「みがらし」というからしみそを使います。みがらしとは、麦味噌・和がらし・酢・砂糖などで作られた甘辛い味噌。愛媛では伝統的な調味料なんですね。

また、讃岐うどんで有名な香川県では、うどん屋さんでおでんも売っているお店は多いようです。セルフタイプの販売です。

四国では具材として、「じゃこ天」の投入率が多いようです。



九州・沖縄のおでん

九州のおでん。

九州の料理では比較的「甘め」の味付けというものが特徴的。よっておでんも甘めの味付けをするところが多いようです。

ちなみに、九州のスーパーの醤油コーナーでは、濃口醤油、薄口醤油ではなく、「うまくち醤油」が棚にズラッと並んでいます。うまくち醤油とは旨味成分や、甘味が加えられた醤油。昆布とカツオのだしが入ったものもあります。九州以外の人が「九州の醤油は甘い!」と感じることはよくあることのようです。

おでんだしは昆布とカツオが主流のようですが、福岡県では「鶏ガラ」ベースのおでんもあるようです。

博多屋台のおでんでは、「餃子巻き」が人気の具材だったりします。九州北部ではおでんに餃子巻きは馴染みのある具材です。餃子巻きは魚のすり身を巻いて揚げたもの。餃子が崩れる心配もありません。

おでん餃子巻き

このような餃子巻きがスーパーで購入することが出来ます。

他に九州で使われる具材としては定番ではありませんが「里芋」もよく使われます。

鹿児島では暖かい地域ということもありおでんの文化はあまりないようですが、意外にも鹿児島市繁華街ではおでん店が多いそうです。その特徴は甘めの味噌ベースのおでんです。だしは豚骨スープで作るお店もあるようです。具材にも豚肉が使われたりします。

沖縄のおでん。

鹿児島に豚が加わってきて・・・沖縄ではもはや豚がメイン!暑い沖縄でもおでんは盛んです。具材には「テビチ」「ソーキ」が有名。

テビチとは豚足です。厳密に言えば豚足を煮込んだ料理のことをテビチといいます。豚足をおでんで煮込むということですね。豚足はスーパーでも簡単に買えますからね。コラーゲンたっぷり!ぜひ試してみたい一品です。

ソーキとは豚の骨付きのあばら肉です。豚の旨味がおでんにめちゃくちゃ浸透しそうです。

そしてそこに「チンゲンサイ」などの野菜を添えるのも沖縄おでんの特徴。葉ものを添える島根の「松江おでん」の特徴と似ています。豚と野菜のバランスが非常によさそうです!




スポンサーリンク


おわりに

全国のおでんの特徴の違い、地域差を探ってみましたが、やはり地域で好まれる味覚の差というものを実感させられます。

関東では定番の「ちくわぶ」は西日本では知らない具。この一見はおでん最大の地域差でしょう!

だしのベースの違い、味付けの違い、つけだれの有無。様々です。このバラエティーさがおでんの醍醐味でもあります。

おでん=自由

我が家のおでんレシピはこれッ!というものに留まるのではなく、全国にある色々な食べ方に挑戦してみるのも面白そうです!


最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。




全国でのおでんの地域差が面白い!地域によって全然違う具や味付けを探ります。 ページ先頭へ


 

↑ PAGE TOP