子供のスポーツに親が関与する事について考えます!


おすすめまSU!

子供のスポーツに親が関与する事について考えます!


子供スポーツ親の熱量

娘が小学2年生になり何かさせようということで、スポーツを始めました。バレーボールです。父親の私はバレーボールには全く縁がなかったのですが、嫁が好きで始めました。

バレーボールを知らない私からすれば、もっと他のことをさせたかったのですが、その案も具体的に出なかったので、嫁がサクッと決めた感じです。

まあ、スポーツは体を動かすということで健康にもいいし、バレーボールは団体競技ということで人間関係をはぐくむことの勉強にもなるかなぁ~なんて軽い気持ちで考えていましたが・・・、なめていました。

他と比べてどの程度かわかりませんが、かなりガッツリ厳しめのクラブチームのようで、更に嫁も大いに盛り上がっている様子。娘をあおっています。娘も乗っかっています。

このような状態なので、私も徐々に影響を受け、バレーボールのルールも覚え始めています。

でッ!ここで冷静に。子供にスポーツをさせる親の熱の入れ具合という事について考えてみることにしました。



子供にスポーツさせるのは親の趣味?

子供スポーツ親の趣味

子供のためにと思って始めたスポーツ。しかし親の力の入れようを考えると、これはもう親の趣味と言ってもいいでしょう。スポーツは月謝を払って教養を身に着けさせる「習い事」とは少し違います。アスリートへの道はかなり狭きもの。プロスポーツ選手にさせるために皆が皆熱を入れている訳ではないと思います。

でも、親と子供が一つのことに熱中するというシステムは素晴らしいことだと思います。日々の会話も濃い内容になります。それについていけてない私は取り残されていますが。

子供がいやいやさせられている訳でなければ、親の趣味でも全然いいと思います。熱くなりすぎて子供の意思が見えなくなることがないよう、注意しています。



子供のスポーツって意外とお金がかかる?

子供スポーツお金

地域のスポーツクラブ。月謝自体はとても安いです。でも!その他もろもろが積み重なってかなりの金額になります。ユニフォーム代だったり、差し入れ代だったり、練習試合の遠征費だったり。合宿があればその費用も。強豪チームであればあるほどお金はかかりそうです。その他、車出しなど保護者の協力がやはり必要となってきます。唐突に嫁からお金の請求が来ます・・・。「のめり込むにはそれなりのリスクもあるよね~」って小声でささやきますが、完全無視されますね。

このような金銭面も、親の熱量次第ということですね。



親同士の交流が増える?

子供スポーツ親の交流

子供たちが同じ志でメンバーと長年歩んでいくのと同時に、それぞれの親同士も志は同じ。必然的に深い付き合いが増えることもあります。やはり同じ価値観ということでしょうか。保護者同士が助け合い、団体スポーツであればチームを裏方で支えているといった感じです。周りと楽しみながらやっていかないと結構大変なことらしいです。

今現在は嫁にまかせっきりの状態。しかし娘が高学年、6年生となってくれば親もますます忙しくなってくるようです。その時はやはり父親も参加しないといけないなぁ~。




スポンサーリンク


さいごに

私たち夫婦は子供にスポーツをさせる前までは、テレビなどでスポーツ観戦を楽しむことやスポーツを楽しむ事自体も基本しない方でしたが、子供にさせるようになってからは、スポーツの関心が一気に上がりました。スポーツ店に行く回数が増えている自分たちにビックリです。嫁は自分の洋服を買うかのように子供のスポーツ用品を買うようになりました。

娘が将来レギュラーになって活躍できるかどうかはわかりませんが、上手くなろうと頑張っている姿を見ると全力で応援したくなる訳です。子供のスポーツは親も心底楽しむ!これでいいのでは?!


最後まで読んでくれてありがとうございます。





↑ PAGE TOP