手作りピザ生地 オーブントースター調理で「くっつく対策」を考える!


おすすめまSU!

手作りピザ生地 オーブントースター調理で「くっつく対策」を考える!

2019/07/26


ピザ生地くっつく対策

ピザ生地作り人生4回目!


ピザ生地がくっつく! これ今回のテーマ。

生地が「くっつく」というのは、練るときに手にまとわりつくというものではなく、焼き上げた際にピザ生地底面がアルミホイルやプレートにくっついて取り出しにくい。という意味合いの「くっつく」です。

水分量を多めにした柔らかい生地のレシピに好印象を感じている訳で、更にオーブントースターで仕上げることにこだわっている次第...。

ピザ生地くっつく対策

やはり火力が弱いせいか、柔らかい生地はくっ付いてしまってサッと取り出せない!水分を減らせばカラッとくっつくことなく取り出せるんですけどね。

ということで!

柔らかめの生地をオーブントースターで焼いてもくっ付かないでサッと取り出せる焼き方を探っていきます。




スポンサーリンク


目次

ピザ生地の材料は
アルミホイルなし。プレート直で焼く!
プレートにオリーブオイルを塗る!
今回作ったピザ。
今回の作り方でのピザ生地レベル



ピザ生地の材料は

ちなみに現在気に入っている柔らかめのピザ生地というのはこのような分量比。

<約25cm の厚目のピザ1枚の分量>
強力粉     80g
薄力粉     40g
ドライイースト 3g
砂糖      小さじ1/2杯
塩       ひとつまみ
オリーブオイル 大さじ1杯
ぬるま湯    80cc


です。

ピザ生地くっつく対策

水分量は多めだと思っているのですが、以外に普通か? → 人生初のピザ生地作り では小麦粉に対して半分以下の水で作りました。そのときは焼き上げても底面がくっつく気配は全くありませんでした。ボソボソした食感でしたが...。

このような生地を底面がくっつかない焼き方を見つけるぞ!




アルミホイルなし。プレート直で焼く!

このように...

ピザ生地くっつく対策

アルミホイルを生地の下に敷くのではなく

トースター付属のプレート直で焼きます。

ピザ生地くっつく対策

生地の形。いびつ...。丸く白いものは「モッツァレラチーズ」です。底面には「打ち粉」もしっかりとしきました!

アルミホイルにまとわりつくなら使わない!という作戦。

ピザ生地くっつく対策

このようなプレートに直接生地を敷きます。

さあ!どうだ?

焼きあがりました。

ピザ生地くっつく対策

そのままストーンとお皿に...。 とはいかないんかいッ! まだくっ付く~。菜ばしを生地とプレートの間に入れてクックっとはがしとる作業が必要。アルミホイルにくっつくよりかははがしやすいといったレベル。

駄目だな~。

予熱でプレートを温めておくという方法もあるけど、それが出来ない!なぜならピザ生地をプレートという土台の上で押しつけながら広く伸ばしている状態なので...。こうしないとうまく広がらないんですよね。生地の成形自体が効率的ではないことはわかっているのですが、出来ない...。難しいな~生地作り。




プレートにオリーブオイルを塗る!

次の作戦。プレートにオリーブオイルを塗る!

この工程は何となくしたくなかった工程...。フライパンに油をひいて調理する一般的なお料理みたいになるから。「ピザ生地を焼きあげる!」という風合いがなくなる。

でもくっつくんだから仕方ない。プレートにキッチンペーパーを使ってオリーブオイルを薄く塗り、焼いてみます。

ピザ生地くっつく対策

今度はサラミピザ。

さすがに次はくっ付かないだろう!

焼きます。

焼きあがります。

ピザ生地くっつく対策

あらら、焼きすぎたか?サラミが香ばしくなりすぎたかな。でも今はそこじゃないッ!

お皿にスライド~!

ピザ生地くっつく対策

スライドした~!

焼き上がりをサッとお皿に移すことがやっとできました。オリーブオイルをプレートに塗ればストレスフリーで柔らかめの生地でもくっ付かないようです。

問題解決!...。でも何か違和感。自家製生地を火力の弱いオーブントースターで楽しむならここまでしないといけないのか?!

いや!もっと効率よく出来るはず。「市販の冷蔵ピザ」はトースターでもプレートなしの網でもくっ付きませんから。



とりあえずの対策はできたといった感じ。でもまだまだ追及の余地があります。生地の作り方やピザを作る際の便利な道具など色々考慮していきたいと思います。

現在の目標は「トースターで手作りのピザ生地を効率よく美味しく焼き上げる!」です。




今回作ったピザ。

ピザ生地くっつく対策

一応マルゲリータピザ。モッツァレラチーズがちょっと変わった商品で、ウズラの卵くらいの大きさで、サラダにも使えるみたいなひと口サイズに加工されたものでした。トマトをカットして乗せ、市販の瓶のバジルソースを回し掛け。このバジルソースがインパクト大!マルゲリータ感を即効で出してくれます。


ピザ生地くっつく対策

こちらはサラミとピーマンのピザ。見た目はよろしくないけどやはりサラミは食べごたえがあり美味しい。レベルの低い生地でも楽しめます。サラミは →百均のスライサー でスライスしました。まな板と包丁をベトベトにしないで済むので使えるアイテムです。


肝心な生地は「発酵時間」という分野に徹底してないためか、まだまだモッチリ感はありませんが、食べやすいソフトな生地にはなっているという状況。ここから更に学んでいきたいですね。




今回の作り方でのピザ生地レベル

ピザ生地レベル
★★★★☆☆☆☆☆☆ (4/10点)

前回作った生地とは同じ材料比率なので生地の味わいは変わりませんが、プレート直で更にオリーブオイルを塗るといった工程で、底面がくっつかなくなり効率のいい生地作りになったということで★がひとつ増えました。

しかしまだまだ自分がイメージするピザ生地とは程遠い...。家族以外の人に出せるかといえば、絶対出せない。実際、スーパーで売られている冷蔵ピザの方が何倍も美味しいですから。

難しい。だから面白いピザ生地作り。独学でどこまでのものが出来るのか?!これからも経験から学ぶスタイルで頑張っていきます。

最後までお付き合いありがとうございます。

ピザ生地作り
人生1回目 人生2回目 人生3回目 人生4回目







↑ PAGE TOP