おでんの具で一番「旨い」のはウインナーだったりする話。


おすすめまSU!

おでんの具で一番「旨い」のはウインナーだったりする話。


おでんウインナー

おでんの具は周りの具材に悪影響を与えなければ何を入れても自由。というのが私の考え。色々な具に挑戦して楽しんでいます。

ウインナー。 入れる家庭も多いと思われる、もはやメジャーなおでんの具。どのコンビニでも販売されていますしね。冷蔵庫にストックしてるウインナーを鍋に投入するだけという「扱いやすさ」も魅力の一つ。子供が好きだからとか...。牛すじや手羽先などの肉系の代用とか...。そういうレベルの具材ではないッ!

ということで、おでんのウインナーについて語ります。




スポンサーリンク


おでん具でウインナーの旨味要素はダントツ!?

ウインナーは加工品であり、熟成して肉の旨味を引き出しています。

おでんウインナー

旨味 という点では、スーパーの精肉売り場の「牛すじ」「手羽先」などの肉類よりもあったりするわけです。即効性のある旨味を簡単におでんの具として味わえるんです。


ウインナーの脂分をおでんのスープに極力なじませたくないなら、切り込みを入れない方が良いでしょう。ただ、油断しておでん本鍋を沸騰させ続けてしまうと、破裂して「見た目」の悪いものになっちゃいます。沸騰させない程度で火加減を保ちます。

ウインナーの旨味・油分を思いっきりおでんスープになじませるなら、切り込みを入れる方がいいでしょう。破裂することもありません。脂の浮く量は増えますが、豚の旨味が味わい深いスープにしてくれます。




おでん具でウインナーのアクセント要素は必要!?

おでんの具で一番好きなのは?

そう問われると、私は「大根」って言います。その他「こんにゃく」「たまご」「厚揚げ」など、おでんの具として有名なこれらの食材は、やはり全国的に見ても人気ランキングの上位に入ってきます。

ということで、人気ランキング上位の具材だけで作ったおでん。

おでんウインナー

下ごしらえなど一生懸命手間をかけて作りましたが、何か「ワクワク感」が足りない。人気具材だけで作っても結局こういうことになる訳です。肉分野がないと士気が上がらない!一品でもいいから 肉のアクセント というものが、おでんには必要です。

ここで肉系おでんの具として代表的な「牛すじ」がよく加わる訳ですが、大根の下ごしらえと同様、牛すじの下ごしらえもかなり手間がかかるもの。家庭のおでんで毎回というのは結構大変。「手羽先」はサッと下茹でする程度でいいので簡単で旨味も放出して美味しいのですが、肉のアクセントという点では弱め。

という訳で! ウインナーがいい役目を果たしてくれるんですね。手間はほぼゼロ。そしておでんの具の中では刺激的な強い旨味。肉のアクセントをしっかり出してくれます。更に優しい和風スープの味わいを吸い込んだウインナーは格別な美味しさです!


おでんの具で一番好きなのは?

大根...。本当に自分は大根なのか?





スポンサーリンク


おでんウインナー まとめ

おでんウインナー

おでんの具としてのウインナー。絶対誰もが美味しいと思える具材。ただ大人は「おでんで一番好きな具材はウインナーです。」とは言いたがらない。私も言いたくない。大根とかこんにゃくとか言いたい。ウインナーがどんなに美味しくても...。そういう脇役的な立ち位置でカッコよく扱われていく具なのでしょう。

しかしおでんに入れるウインナーの意味合いは「あなどれない」「なめてはいけない」ものとしてとらえていきたいです。おでんの具としては貴重な豚の旨味を放つ。周りの具材を邪魔しない。扱いが楽。思いっきりおでん向きといってもいい具材。からしとの相性も抜群。たっぷりつけていただきたいですね。



 

↑ PAGE TOP