凄いぞおでんの厚揚げ!厚揚げの魅力と下ごしらえ方法とは?


おすすめまSU!

凄いぞおでんの厚揚げ!厚揚げの魅力と下ごしらえ方法とは?


おでん厚揚げ

豆腐の表面を油で揚げたもの・・・「厚揚げ

おでんに厚揚げ。

全国的に厚揚げを入れる文化はあるようですが、関西から九州の地域では特にメジャーなおでんの具となっているようです。

「人気おでんの具トップ3」辺りには入ってきませんが、そのすぐ下をいつもキープしている感じ。

変わり種的な具でもなく、注目を浴びる具でもない、そのような位置にいつもドッシリと構えているおでんの具と言っても良いでしょう。

そんな厚揚げ。我が家ではみんな大好きなので、大量に入れます。メインの具ではないのですが、おでん鍋を占める比率はいつも「厚揚げ」がナンバーワンです。

厚揚げの魅力、語らせていただきます・・・。




スポンサーリンク


厚揚げは下ごしらえが楽!

美味しいおでん作りには、とにかくそれぞれの具材の「下ごしらえ」が大切だと感じている私。

少々面倒ですが、各具材それぞれの下処理というものをして、おでんの本鍋に投入します。

特に、大根、牛すじはとても手間がかかります。

その点、厚揚げは下ごしらえがとっても簡単なんです。

<厚揚げの下ごしらえの仕方>

買ってきた厚揚げを切る。

沸騰したお湯に1~2分くぐらせる。

これだけです。

さらにめんどうなら、熱湯を回しかけるだけでもいいでしょう。

とっても簡単な下ごしらえです。

これは、「油抜き」という下ごしらえ。これをしないとどうなるか?!

おでん出汁が油ギトギトで濁りが出てしまう。

厚揚げ自体、油のコーティングで味の染み込みを弱める。

ということです。

まな板で厚揚げを切っていると感じると思いますが、表面はそうとう油ギッシュです。

手間がかからない下ごしらえですので、そのままぶっこむのは、ひかえてみましょう。



おでん鍋に厚揚げを入れるタイミング

厚揚げは、とにかくおでんの出汁を思いっきり染み込ませたい具です。

長時間煮込んでも、形が崩れたり、味に支障をきたしたりするものではありません。

おでんの出汁が用意できればすぐに入れたいぐらいです。

おでんの出汁の出来具合を確かめるために、まずは厚揚げを食べるぐらい、染み込み感を楽しめる具だと思います。

早い段階から入れるのがベストだと思います。

ころ合いを伺わなくても、しょっぱなから入れれる。これも扱いやすいおでんの具だと思います。



おでん厚揚げの切り方

下ごしらえの前にまず、厚揚げを切る所から入りますが、厚揚げの切り方・・・。

わたし的に、厚揚げの切り方は定着していません。

三角に切ったり、四角に切ったり、大きめに切ったり、小さめに切ったり。

今までの経験から言うと、どのような形でも厚揚げは厚揚げ、変わりはないようです。

もちろん、大きく切るよりも、小さく切る方が中まで出汁が染み込みやすいと思いますが、おでんの厚揚げはドカンと大きい方が雰囲気も出ます。

我が家では厚揚げは取り合いなので、小さめに切ってたくさんあるように見せたりもしますが。

一般的なおでんの厚揚げのイメージ。斜めに切って三角。縦に切って長方形の四角。両者五分五分のようです。

丸い鍋でおでんをするなら三角で、四角いおでん鍋なら四角。こんな感じですればおさまりもよさそうです。

とにもかくにも、厚揚げが美味しそうに見える形に切る事が一番だと思います!



厚揚げのカロリー

厚揚げのカロリーは「40グラム」で「60kcal」ぐらいだそうです。

コンビニのおでんの厚揚げでいえば、だいたい一個100カロリーちょっととなるよう。

おでんの具の中でいえば」高カロリーの部類に入ります。

下ごしらえの段階で油抜きをきちんとすれば、これよりさらにカロリーは下がってくるでしょう。

高カロリーと言えども、そもそも他のおでんの具たちは低カロリーすぎるものが沢山あります。

大根一個10kcal程度、こんにゃく一個は更にそれ以下。

ある程度カロリーがあり、食べ応えのある具は必要ですよね。

そんな「食べ応え要員」として、とても活躍してくれます。

厚揚げのカロリーが気にならないぐらい、全体として低カロリーなお料理であるおでん。

育ち盛りのお子様がいる家庭では特に、満足する食べ応えとして沢山入れたくなっちゃいます。

ちなみに、厚揚げには「カルシウム」も豊富に含まれています。



おでんには木綿厚揚げ?絹ごし厚揚げ?

厚揚げはお豆腐ですので、厚揚げにも「木綿」と「絹ごし」があります。

木綿厚揚げは、ざらっとした感触からもわかるように、おでんの出汁は染み込みやくなります。

絹ごし厚揚げは、つるっとしていて、出汁は木綿ほど染み込みません。

一般的におでんの厚揚げで使われるのは「木綿の厚揚げ」のようです。

私も断然、木綿厚揚げの方が好きです。

しかし、絹ごし厚揚げにも注目があるようです。

長時間煮込んでもツルツル、プリプリした食感は独特なものです。

女性や子供には絹ごし厚揚げの人気もあるように思えます。

いや~でもやっぱり、おでんの厚揚げは木綿で楽しみたいッ・・・!こればかりは好みですね。




スポンサーリンク


おわりに

下ごしらえが楽、食べ応えあり、安い。おでんに入れる具としてとても貴重な存在である厚揚げ。

おでんに入れる具として、大根などの根菜類、牛すじなどの肉類、練り物などの魚介類・・・。そこに豆腐という食材で入ってくる厚揚げ。

食べ応えの面でも、栄養面でも、うまくバランスのとれた、入れなくてはならない具材だと思います。

「厚揚げ」!主役では決してありませんが、重役であることは間違いないでしょう!


最後まで読んで頂いてありがとうございます。




凄いぞおでんの厚揚げ!厚揚げの魅力と下ごしらえ方法とは? ページ先頭へ


 

↑ PAGE TOP