百均子供のおもちゃの完成度対決!スライムVS動物立体パズル


おすすめまSU!

百均子供のおもちゃの完成度対決!スライムVS動物立体パズル


百均スライムと動物立体パズル

ママの買い物の合間に、百均に行き、娘と息子に一個ずつおもちゃを買うのがすっかり定番となりました。百均だからといってついつい買ってしまいます。積み重なればかなりの額になりますが・・・。子供も何を買おうか集中してくれるので、親も楽が出来ちゃうわけです。子供を連れての買い物。結構面倒ですからね。

そして、今回の「ダイソー」での買い物で、子供たちが選んだのが・・・

娘は、俗にいう「スライム」のようなもの。

息子は、「動物立体パズル」。紙を組み合わせてつくるプラモデル的な動物のおもちゃです。

ただ毎回買い与えるだけではもったいない!大人目線から、これらのおもちゃの完成度というものに少し注目してみたいと思います。どちらのおもちゃが、飽きずに遊べる価値のあるおもちゃなのか!?対決です。




スポンサーリンク


百均ダイソーのスライム

まずは娘が選んだ「スライム」です。

私も子供のころよく遊びました。緑のバケツ状の容器に入っていた記憶があります。スライム自体も緑。とにかく緑色のドロドロした気持ちがいいもの。そのようなイメージでした。そして、今回購入したダイソーのものはこちらです。

百均スライム

商品名は、スライムではなく「ドロネーバ」です。色はピンクです。パッケージから出して容器を外から眺めてみますが、結構な液体状です。

百均スライム

チャプチャプしています。自分の思い描く「スライム」より、ゆるい感じがします。こんなに液体状で大丈夫なのか?というくらいです。実際開けて触ってみます。

百均スライム

グニュっとこんな感じ。

百均スライム

ドロッとこんな感じ。

さらさらなのに、まとまります!スライムです!あらら。スライムも進化しているのか?こんなに液体状なのにひとつにまとまる感。むかしもこんなんだったけ?

自分の記憶はさておき、凄くサラサラしている感じがしました。「持ち」も結構よさそう。容器のキャップは回して締めるタイプです。

そして、購入して一週間ほどたった状態はこちらです。

百均スライム

多少ほこりなども付いてきますし、ドロッと感も減少しているようですが、全然「遊べる状態」です!スライムなんて、すぐに遊べなくなるくらい固まってしまうイメージがあったのですが、まだまだ状態は保っているようです。遊び方次第ということもあるのでしょうが。

娘も、定期的に容器から出して遊んでいるようです。完成度としては高いかもしれません!



百均ダイソーの動物立体パズル

こちらは、息子が選んだおもちゃ「動物立体パズル」です。

百均動物立体パズル

4歳の息子です。やはり動物系には興味がいくんですかね。紙製のものを組み合わせて立体的な動物をつくる、プラモデルの様なものですね。つくるのは私になりそうですね・・・。

でもちょっと面白そう。紙から4体の動物が出来るわけですね。中身はこんな感じでした。

百均動物立体パズル

こんな感じと、

百均動物立体パズル

こんな感じです。

2枚の厚紙というか、発泡スチロール製のものが入っています。これで4体の動物がつくれるわけです。説明書も付いています。

取り外して、差し込んだり、折り込んだりするわけです。つくり方は簡単ですが、雑につくると、紙が折れたり曲がったりします。やさしい力で丁寧につくる必要がありそうです。

百均動物立体パズル

マントヒヒです!

百均動物立体パズル

ライオンです!

百均動物立体パズル

トラです!

百均動物立体パズル

ワニです!

4体並べて・・・。

百均動物立体パズル

うん。カッコいい!並べてみるとなかなかのインパクトを感じます。

しかし!4歳は、これらの動物が完成した途端、ぶつけ合って遊びます。すぐ壊れます。いやいや!せっかく作ったのに・・・。なるほどこのおもちゃは自分で作って、観賞用に並べて飾る!こういう遊び方が正解でしょう。実際対象年齢も「6歳以上」となっていますしね。




スポンサーリンク


スライムVS動物立体パズル
おもちゃとしての完成度が高いのはどっち?!

スライム(ドロネーバですが)は、まさにスライムです。不思議な触り心地も健在。ドロッとした延び具合も楽しめます。量も多すぎず、子供の手で握って遊ぶにはちょうどいい大きさだと思います。

動物立体パズルは、紙状のものから立体的なものが出来上がる楽しさが味わえます。小学生なら組み立ても楽しめそうです。完成作品のリアリティーは多少物足りない気もしますが、それを求めると、複雑な組み立てとなってしまいそうです。これくらいがちょうど良さそうです。

私が、両者のおもちゃで完成度が高く感じた方は・・・。

スライム」です!

何度も書きますが商品名はドロネーバですが。なるべくホコリやゴミなどを付けないように、そして、遊び終わったら保存容器にしっかりとしまっておけば、結構長持ちしてくれそうです。完成度はかなり高いと思います。子供も長時間いろんな遊び方をして楽しんでいます。

動物立体パズルは、作り方は簡単な仕組みなのですが、大人の私が作っても紙がはがれたり、折れたりしました。丁寧な力加減が必要なようです。もう少しサクサクな作り心地というものをがあればと感じました。二枚のパネルから四体も出来上がる感じはgoodです!

同じ百均のおもちゃでも、完成度の違いは結構あるようです。そして「大人目線で観察すること」、楽しいです!これからも子供に買うおもちゃ。大人も楽しんでいこうと思います。



最後まで読んで頂いて誠にありがとうございます。




百均子供のおもちゃの完成度対決!スライムVS動物立体パズル ページ先頭へ


 

↑ PAGE TOP