おでんのたまごを美味しく食べたい!鍋に入れるタイミングは?下ごしらえは?


おすすめまSU!

おでんのたまごを美味しく食べたい!鍋に入れるタイミングは?下ごしらえは?


おでんのたまご

おでんのたまご。おでんにかかすことのできない具材です。人気ランキングも、1位大根。2位たまご。といった不動の順位ではないでしょうか?全国的に見てもたまごを入れない地域はほとんどないようです。

おでんのスープがおもいっきり染み込んだたまご。最高ですね!そして、お箸で割り、黄身をスープに浸しながら食べる。もうたまりません。

そんな誰もが愛してやまない「おでんのたまご」について色々とまとめて見ました。




スポンサーリンク


おでんのたまご、下ごしらえは?

もちろん、おでんにたまごを入れるときは、まずゆで卵を作らなければなりません。私は殻をむくときに白身が柔らかすぎて破れるのを恐れ、固めのゆで卵を作るようにしています。でこぼこで不格好なたまごにはしたくないですからね。

その他下ごしらえは必要なのか?殻をむいたゆで卵を少し水に浸けておくと良いようです。ちょっとひと手間ですが、毎回私もします。こうすることにより、たまごの硫黄臭さというものが抜けてくれます。せっかくのおでんですので、雑味になりそうなものは極力なくしておきたいところです。



好みの固さでおでんのたまごは作れるのか?

黄身や白身の固まり具合や柔らかさなどを好みのものに調節することは、果たしておでんのたまごでは可能なのでしょうか?

一般的なおでんのたまごとしては不可能だと思います。黄身は70℃程度で、白身は80℃程度で火を通し続けることで、完全に固まるようです。沸騰させない程度の弱火で長時間煮込むおでん調理でも80℃後半~90℃にはなります。どうあがいても、黄身も白身もしっかりと固まった状態になります。

しかし・・・!一般的なおでんのたまごの調理方法では、ということであり、少し工夫をすれば可能だったりします。実際私はおでんの半熟卵にチャレンジしました。こんな感じです。

おでん半熟卵

その模様は「→おでんの半熟卵作ってみました!」で御覧ください。

そして、それとはまた別に「裏技」的な方法もあるようです。スープに入れる前のゆで卵を大根おろしに浸けるというもの。白身のたんぱく質が熱で縮こまって固くなるのを大根おろしの持つたんぱく質を分解する酵素がそれを防ぐ、という仕組みらしいのです。とても興味があります。でも、大根を一切れでも多くおでんに入れたい私にとって、たまごを柔らかくするためだけに大根を犠牲にするのはちょっと・・・。という感じで、なかなか試せずにいるのが現状です。大量に大根があるときにチャレンジしてみようと思います。



おでんのたまご。スープに入れるタイミングは?

たまごは、大根などのように「おもいっきり味を染み込ませたいタイプの具」です。更に荷崩れなどの心配もありません。たまごをスープに入れるタイミングは、遠慮することなく最初から。でいいと思います。真っ白なたまごが時間がたつにつれて徐々に色が変わっていく様子を見るとワクワクしてきますね!



おでんのたまごに味がよくしみこむようにするには?

味を染み込ませるなら、やはり「温めた後、一度火を切って冷ます。」この工程が必要となってくると思います。もちろん、たまごに限ったものではなく、おでん全般に言える事です。理想では、火を止めて5時間はゆっくりと冷ましていきたいところです。さらに、鍋を触って冷たいと思えるくらい、完全に冷ましたいところです。

スープ(出汁)の染み込み具合は、煮込んでいる時間ではなく、冷ましている時間と関係が深いようです。かなりの時間を要しますが、この手間が、おでんを美味しくするための「欠かせない調理工程」だと私は思っています。



おでんのたまごのカロリーは?

たまご1個およそ80kcalくらいのようです。一般的なおでんの具のなかではカロリーは高めの具と言えるでしょう。しかし、大根やこんにゃくなどとても低カロリーな具材が多いおでん。これくらいのカロリーの具も、何品か欲しいところです。「食べごたえ」も必要です。しかもたまごは、栄養価も高いですしね。おでん全体の栄養バランスも整えてくれそうです。




スポンサーリンク


おわりに

今までも、これからもおそらく人気のおでんの具として上位から外れることのない私も大好きなこの「たまご」について、色々と考察してみました。でも実は私以外の私の家族は皆、おでんのたまご、そうでもない様なんです。「あったら食べるけど、なければないでいい。」というニュアンス。ふざけています。

もしかして、一般的に大根が1位でたまごが2位は鉄板だと私が思い込んでいるだけ?どうなんだ?

まぁ、好みの具はひとそれぞれですからね。そして、そこがまたおでんの面白いところでもあります。おでんはひとつの料理ではなく、個々の食材をそれぞれ楽しむものだと私は思っていますので!

たまごは、絶対に2位だ!



最後まで読んで頂いてありがとうございます。




おでんのたまごを美味しく食べたい!鍋に入れるタイミングは?下ごしらえは? ページ先頭へ


  

↑ PAGE TOP