魅力的!かぼちゃの栄養素


おすすめまSU!

栄養満点!かぼちゃの魅力!


みなさん、かぼちゃを日々、食しているでしょうか?かぼちゃは野菜といっても少し特徴のあるものです。あの、ホクホク感に、野菜とは思えないほどの甘み。一般的に、好き嫌いの差はありそうですが、幅広い料理で使え、様々な形で、食卓に並ぶことが出来る、とても面白い食材の一つです。かぼちゃの煮つけは嫌いだけど、かぼちゃのスープは好き。そんな方も多いのでは!?そんなかぼちゃの「栄養」というものに、少し着目してみようと思います。かぼちゃは、栄養満点の緑黄色野菜です。かばちゃが栄養のある野菜というのは、有名な話ですが、一体どのような栄養素があり、どのような効果があるのでしょうか。まとめてみましたので、ご覧ください。

かぼちゃの栄養素



かぼちゃの主な栄養素

βカロテン 「心筋梗塞」「動脈硬化」などの生活習慣病から守る効果があります。細胞を正常にしようとする働きがあり、免疫力を高めてくれます。さらに、「がん予防」にも良いようです。
ビタミンC ウイルス、風邪の抵抗力が上がります。ストレスを抑える作用があります。体を酸化から守ることで、老化やがんにも良いようです。
ビタミンB1 エネルギー代謝を助けます。しかし、熱に弱い栄養素なので、かぼちゃの煮物など、長い時間煮込む料理では消えてしまいます。
ビタミンB2 口内炎やニキビ対策に良い栄養素です。また、動脈硬化にも良いそうです。
ビタミンE 血行を良くしてくれます。生活習慣病にも効果があるようです。
食物繊維 便秘解消に作用しお通じをよくしてくれます。腸内の環境を良くしてくれます。血糖値の上昇を抑えてくれます。
カリウム 高血圧の予防や、筋肉の収縮をほぐす働きがあります。
カルシウム 骨や歯のもととなります。神経を安定させイライラ防止にもなります。


スポンサーリンク

以上、主な栄養素を上げてまとめてみましたが、本当にたくさんの栄養分が含まれた野菜です。がん予防、生活習慣病にきく作用、風邪予防など、幅広い年齢層に必要な栄養分が含まれているのも、魅力の一つですね。

そして、文頭にも書きましたが、かぼちゃは、レシピのレパートリーが多い野菜の一つです。まめに摂取しても、飽きにくい食材ではないでしょうか。女性の方は特に、かぼちゃ好きの人も多いですしね。

かぼちゃの栄養素

かぼちゃの栄養分というものを考えながら、これからも食べていきたいと思います!


魅力的!かぼちゃの栄養素 ページ先頭へ


関連記事

母へのプレゼントに。固いかぼちゃなども簡単に切れる包丁!
かぼちゃ料理を美味しくするコツ!





↑ PAGE TOP