大根おろし。辛いか辛くないかは、大根の部位で決まる!


おすすめまSU!

大根おろし。大根のどの部位を使う!?


大根おろし!とっても目立たない存在ですが、とっても活躍してくれる万能薬味です。

大根おろしといえば、やっぱり焼き魚。ジューシーなお魚の脂と、大根おろしの相性はもう鉄板ですね。あるのとないのでは、焼き魚の楽しみ方が変わると言っても過言ではないでしょう。

焼き魚と大根おろし

そして、大根おろしの活躍場所は、焼き魚だけではありません。その他にも、天ぷらのつゆに入れたり、揚げ出し豆腐に乗せたり、おろしポン酢として、ハンバーグやから揚げなどのコッテリとした物との相性も抜群です。

そんな大根おろしですが、私が大根を下ろすときは、たいてい大根の根っ子の先のほうを下ろします。その理由は、細くて持ちやすく、下ろしやすいから。それと、大根を料理の食材として切っていき、その余りという位置付けで、根っ子の数センチを大根おろしとして使う、という感じでもあります。

しかし!

一本の大根の部位によって、大根自体の味がかなり違うそうなんです。まあ、確かによく聞きます。葉っぱのほうがどうのこうの、根っ子のほうがどうのこうの・・・。でも全然覚えておません。ですので、この機会にハッキリと頭に叩き込んでおこうと思います!

大根の部位ごとに、どのような味の違いがあるのか、調べてみました。




スポンサーリンク


大根の部位の味の違い

大根の部位

まず、大根の部位とは、

葉っぱに近い方の青みがかった上部

中央部

根っ子の先の方の下部

だいたいこの3つで区切り、味の違いがあるといえるでしょう。

上部は、見た目の青々しい感じとはうらはらに、甘味があり、辛くない部位です。ビタミンCも豊富に含まれており、出来るだけ、生で食べるお料理に使用したいところです。(ビタミンCは熱に弱いので。)後、水分が多いのも特徴です。

中央部は、大根の一番美味しいところです。甘味もあり、辛味も少なく、大根を堪能したいならココ!という部位です。おでんの大根など煮物にするなら、絶対ここを使いたいですね。

下部は、一番辛い部位です。上部に比べると、水分も少なく、スジっぽい所もあります。

このように見ていくと、大根というのは、下に行くほど辛くなり、上に行くほど甘くなり、みずみずしくなるようですね。



大根おろしに使うべき部位は?

大根おろし

さあ、それでは大根おろしとして、下ろすべき部位はどこでしょう?

もちろん1番美味しい中央部と言いたい所ですが、う~ん、大根おろしにするには少々もったいない気もします。おでんで食べたいです。

という事は、大根の上部がベターと言えそうです。辛味も少なく、生で食べるのがおすすめの部位ですからね。みずみずしい大根おろしになりそうです。

家で食べる大根おろしを、子供たちが辛がる理由がわかりました。持ちやすさで大根の部位を選んではいけませんね。何かちょっとパサパサして、スジっぽさも感じます。

しかし、そんな下部を使うのもアリでしょう。大根辛く、パサっとした薬味が好きな方もいると思います。私も辛い大根おろしは嫌ではありません。



以上、簡単にまとめると、

辛くない大根おろしにしたい人は大根の上部。

辛い大根おろしにしたい人は大根の下部。

という事です。

今度、大根おろしを下ろすときは、大根の上部で試してみたいと思います。


最後まで読んでくれてありがとうございます。


大根おろし。辛いか辛くないかは、大根の部位で決まる! ページ先頭へ


関連記事

おでん大根下ごしらえ考察!





↑ PAGE TOP