手羽先の甘辛焼き!間違いない味わいになるのが魅力。レシピを徹底リポート!


おすすめまSU!

手羽先の甘辛焼き!間違いない味わいになるのが魅力。レシピを徹底リポート!


手羽先甘辛

どんな肉よりも手羽先が好き!

運営者 ちくわです。

シンプルに塩で焼く手羽先が一番おいしい~なんて思っているのですが、「甘辛」という味付けもやっぱり美味しい。人気の手羽先味付けでもあります。味わいが少々劣る鮮度が完璧ではない肉でも、誤魔化しが効く味付けです。

ということで今回は手羽先の甘辛焼き!フライパンで簡単に仕上げます。レシピも写真付きで細かくレポート。

手羽先、焼きます。




スポンサーリンク


目次

材料はこれだ!
手羽先の下ごしらえ!
焼く!
手羽先甘辛焼きを味わう!
プロ級甘辛ダレはネットで買えるぞ!
まとめます!



材料はこれだ!


手羽中 を使いました。手羽中とは手羽先の「持つところ」的なとがった先の部分を切り落とした状態のもの。さらにそれを真っ二つに切り、肉1個に骨1本という状態でスーパーではよく売られています。

スーパーの手羽中

手羽中 14本
【合わせ調味料】
・醤油     大さじ1
・みりん    大さじ1
・砂糖     小さじ1
・コチュジャン 小さじ1
・チューブ生姜 1㎝
【仕上げトッピング】
・ごま
・水菜

仕上げトッピングは冷蔵庫にあったもの。自由に!




手羽先の下ごしらえ!


簡単2ステップ。


① 手羽先に塩をもみ込む。

手羽先甘辛

これで表面の味付けだけではなく、肉自体の旨味をグンと感じれる訳です。この肉の量に対して小さじ1/2といったところでしょうか。


② お酒につける。

手羽先甘辛

パックにそのまま料理酒を肉が浸かる程度に入れます。焼いても肉がふんわり柔らかくジューシーな仕上がりになります。20分ぐらいは漬け込みたいところ。
手羽先の下ごしらえ。お酒につける調理工程で美味しくなる理由。
こちらの記事で詳しく書いています。


※下ごしらえに使う塩・酒は材料の分量外です。


下ごしらえはこれだけ。後は焼くだけです。




焼く!


焼きましょう!

合わせ調味料は全て混ぜておきます。

手羽先甘辛


皮の部分を下にして。

手羽先甘辛

焦げ色が付くまで焼きます。


焦げ色が付いたら裏がえす。

手羽先甘辛

うん、イイ感じだ。


ここで合わせ調味料を投入。

手羽先甘辛

いいにおいがしてきます。


そしてからめる。

手羽先甘辛

タレがまんべんなく肉に絡むように混ぜ合わします。


で、フタ。

手羽先甘辛

フライパンの蓋があればそれで。なければアルミホイルで十分。火をしっかり通すために弱火で蒸し焼きにします。肉の量次第ですが、今回は2分程度。


蓋を取り、軽くサッと炒める。

手羽先甘辛

これで完了! トッピングとして水菜をお皿に添えてゴマをふりかけいただきます。


さあ!もりもり食べちゃいましょう。




手羽先甘辛焼きを味わう!


このような感じに仕上がりました!

手羽先甘辛

味わいは?

やはりコチュジャンがいい仕事をしている。甘辛味にコクを付け、味に深みも与えます。今回使用した分量程度なら、小学生の子供も平気そうでした。


やはり甘辛は 間違いのない仕上がりになります。塩コショウだけで手羽先の旨味を直に味わうのもいいですが、人気の味付けで楽しむのもこれまたいい!肉臭さを感じなくなる、というのが人気の理由かも...。甘めが好きな人は砂糖の量を上記の材料の倍にしてもよさそうです。




プロ級甘辛ダレはネットで買えるぞ!


自宅で簡単に揃えられる調味料でも充分に美味しいタレは作れますが、プロ級も味わってみたいという人にはこのような甘辛ダレがネットで購入できます。

新潟県の三条市の「かん哲」というお店の秘伝の甘辛ダレです。手羽先の本場名古屋でも認められた味だとか。昆布やかつおなども入っており味わい深さがうかがえます。からあげ専用とありますが、もちろん焼き物系にも使える甘辛ダレです。

こういうのを使っちゃうと料理魂の火が弱まりそうなところですが、一度、なめてみたい...。





スポンサーリンク


まとめます!


手羽先甘辛

シンプルな調味料を合わせただけでも完成度が高くなるといったイメージの「甘辛風味」。そして今回のレシピはほんの一例であって、同じ甘辛味といっても様々な調味料が使われています。さらに美味しい甘辛味を追求し、色々試していきたいと思います!






↑ PAGE TOP