手羽先の部位を知る。超簡単解説!


おすすめまSU!

手羽先の部位を知る。超簡単解説!


手羽先部位

骨ありきの肉、手羽先。骨近くの肉は旨味が多く美味しい。スーパーで買える「最もお手軽な骨付き肉」といったところでしょうか。そんな手羽先ですが、「手羽先」「手羽中」「手羽元」などいろいろと 部位 があるんですね。何となく知っているけど、何となくわからない。

ってことで、手羽先の部位とそれぞれの優れたポイントをサクッと解説します。




スポンサーリンク


目次

手羽先の部位 一発理解!
それぞれの部位の特徴!
それぞれの部位の価格帯!
手羽先料理の魅力とは!
最後に。



手羽先の部位 一発理解!


鶏の翼の部分をバサッと広げて図解。

手羽先部位


翼の先部が
手羽先。

更にその先端を取り除いた状態が
手羽中。

翼の根元が
手羽元。


です。よく見かける「くの字」の部分を手羽先と呼びます。そしてその手羽先の先っぽ、持つところ?(アルミホイルを巻くところ)を除いた部分を手羽中というんですね。手羽中は手羽先の一部ということです。更にその手羽先と胴体を結びつける根元の部分が手羽元という訳です。



手羽先部位

これが手羽先。

スーパーでも飲食店でもよく見るフォルムです。



手羽先部位

これが手羽中。

先っぽを切り落としたもの。でも手羽中はこちらの方が...

手羽先部位

よく見るファルム。2本ある骨の真ん中からカットし、1本の骨に肉が付いている状態。スーパーではこの状態も「手羽中」と表示して販売しています。



手羽先部位

これが手羽元。

軟骨が付いてこん棒のような肉肉しいフォルムです。





それぞれの部位の特徴!


手羽先

手羽先部位

脂肪分やゼラチン質が多く、うまみが濃いのが特徴。それ故に簡単に塩焼きにするだけでも絶品料理に仕上がってくれます。更に女性には嬉しいコラーゲンも含まれています。

手羽先部位

そして手羽先の先っぽを切り落とし、半分にしたこの形の手羽中は、調理がしやすく食べやすい。「鶏スペアリブ」や「手羽中ハーフ」とも呼ばれます。焼くだけのときでも、火が通りやすいんですね。骨一本だから肉が外れやすく綺麗に食べることが出来ます。

ちなみに...。

手羽先部位

切落した手羽先の先っぽ。

手羽先を食べるときの「持つところ」という位置付けにされている部位ですが、何気にちょっとかじったりして、それが結構美味しかったりして...。そうなんです。先っぽも旨味・コラーゲンたっぷり。捨てるにはもったいない部分。煮込んでスープの出汁として使うレシピも多数ありますね。



手羽元

手羽先部位

翼の根元で活動的な部位。故に手羽先と比べると、骨太で脂肪が少なくあっさりした味わいが特徴。うまみも手羽先ほどではないがしっかりとあり、煮込み料理にむいている部位か?軟骨まで柔らかく煮込んで食べたいところです。もちろんコラーゲンも豊富。軟骨があることにより手羽先よりも多くのコラーゲンが期待できるようです。





それぞれの部位の価格帯!


手羽先のそれぞれの部位の価格差ってどんなものだ?!

安い順から。

手羽元

手羽先

手羽中

※手羽中は骨1本の鶏スペアリブ型

どこのスーパーでもこの順位は変わらないようです。100g当りの価格で比較しています。一番安い部位が手羽元。一番高い部位が手羽中。


ちなみに私の近所のスーパーでの実際の価格は、

手羽元 100g  68円
手羽先 100g  88円
手羽中 100g 128円

です。

この価格差の割合もだいたいどこのスーパーも似たり寄ったり。手羽中になるとグンと価格が上がります。「手羽先の一部、手羽中」なのですが、ここまで価格に差があるとやはりカット料金ということでしょうか。確かに食べやすく便利です。で...。手羽元は安い!食べごたえがありヘルシーな部位として需要も多そうなのですが...安い。セールなんかでは40円台で売られているのも目にします。





手羽先料理の魅力とは!


手羽先部位

同じ鶏肉のモモ肉・ムネ肉などは調理の仕方や時間の経過で「味わいにブレがでる」のは否めない。適当にフライパンで焼いてお皿にのせてラップして。時間をおいて食べるとパサついた食感。焼きたて、ありきか...。ある程度の工夫が必要だったりします。これは鶏肉だけではなく、牛も豚もそうです。

しかし! 手羽先は適当に焼いて、更に時間がたった状態でも美味しく食べられる訳です。肉がパサつかないんですよね。そのうえ!うまみが強いので、冷めて味付が染み込んだ状態の方が美味しかったりもします。



手羽先部位

そして 煮込み料理 にも相性抜群!おでんの手羽先も絶品です。「骨」という食材ですので、やはりスープにかなりの旨味要素を放ってくれます。



焼くもよし!煮るもよし!揚げるもよし!リーズナブルで使い勝手のいい手羽先。その魅力は無限大。オリジナル手羽先料理にはまってみては?!




スポンサーリンク


最後に。


手羽先部位

手羽先、その一部の手羽中、手羽元。それぞれの特徴を知ることで、使い分けが出来そうです。個人的に鶏スペアリブ型にカットされている手羽中が調理しやすく子供にも食べやすいという理由でよく購入する訳ですが、やはり割高なんですね。手羽先を買って自分でカットする習慣を身につけようと思います。そして手羽元の安さには注目です!煮物料理が好きなので、手羽元をもっと使ってみましょう。

極めたい!手羽先料理。






↑ PAGE TOP