鶏の旨味でおでん出汁にパンチを効かせる手羽先!下処理はしっかり。


おすすめまSU!

鶏の旨味でおでん出汁にパンチを効かせる手羽先!下処理はしっかり。


おでん手羽先

おでんに手羽先! 入れる人にとっては王道の具。入れない人にとっては変わり種の具。その差が非常に激しいおでんの具の一つだと思います。

手羽先には「骨」が付いているので、おでんに入れるとガツンと鶏の旨味が出汁に加わってくれます。更に身は骨からスッと取れるほどホロホロになりとっても美味しい!


出汁の味を変える程インパクトのあるおでんの具「手羽先」!そんな手羽先をおでんに入れる下ごしらえなどの調理過程をレポートします。




スポンサーリンク


目次

おでんの手羽先下ごしらえ!
おでんの手羽先完成!そのお味は!?
手羽先ではなく手羽中が便利かも!
おでん手羽先 まとめ!



おでんの手羽先下ごしらえ!


スーパーで購入した手羽先。

おでん手羽先

手羽先は価格も安く食べごたえもあり、おでんの具としてありがたい食材です。


おでん手羽先

手羽先の関節部分を包丁でザクっと切り落とします。

おでん手羽先

このような状態に。

おでん手羽先

手羽先の骨の髄がむき出しになります。


切り落とす理由
骨の髄の切り口を表面に出す。
隋の切り口を出して更なる旨味を引き出します。ただ、おでんスープ全体が濁りやすくなります。気になる人は切り落とさない方がいいでしょう。

鍋の中で収まりがいい。
ブーメランのような形は場所を取り、他の具を邪魔することも。切った方が鍋の中で扱いやすいです。

食べやすい。
切り落とさなくても骨から身がすぐとれ、食べにくい訳ではないのですが、更に食べやすくなります。子供にもいいでしょう。


切り落としはしてもしなくても基本どちらでもいいと思います。そのままでも十分に旨味は出ます。鶏の旨味を強めに加えたいときは切り落とし、控えめに加えたいときはそのままって感じでいいかな。短時間で旨味を出したいときは切り落とした方がいいかもしれません。

あと、切り落とした場合、2日目後半あたりから身がばらけたこともありました...。




手羽先を沸騰したお湯に入れ 下茹で します。。

おでん手羽先

入れた瞬間に物凄い量のアクが出てお湯が一気に濁ります。

そして最低でも 15分 は茹でます。

おでん手羽先

骨の髄の血の部分も固まってきます。

おでん手羽先

15分下茹でしたら、一気にザルにこぼします。


ザルの手羽先を流水でよく洗います。

おでん手羽先

アクや血筋をきれいに洗い落とす感じです。


これで 手羽先の下処理は全て完了! この状態でおでん本鍋に投入します。大根や牛すじに比べると時間も手間もかからず随分とラクです。
ちなみに大根の下ごしらえ
おでんは下ごしらえに力を注ぐ!大根編
牛すじの下ごしらえ
おでんは下ごしらえに力を注ぐ!牛すじ編
も宜しければご覧ください。




おでんの手羽先完成!そのお味は!?


じっくり煮込んで完成した手羽先がこちら!

おでん手羽先

トロトロでとっても柔らかそうな外観。出汁も十分に吸っているようです。


いただきます!

手羽先の味は? 骨のまわりの肉ですからやっぱり美味しい!スープもしっかりと染み込んでいます。ホロホロと骨から簡単にとれる肉は、とても柔らかくジューシーに仕上がってくれました。皮のプルプルもたまりません。

おでんスープの味は? 強いコクのある旨味が加わっています。手羽先だけですので「中華風」とまではならず、いつもの和風だしとほのかに混ざりあう感じ。やっぱり美味しい!上品なスープに少しパンチを加えた味わいです。

ただ手羽先を入れると、多少「油の浮き」が増え「スープの濁り」が出ます。


手羽先美味しい!おでんスープに出汁を放つタイプの具としては存在感高し!安価な肉系の具材というのも魅力的です。


ちなみに手羽先ではなく「手羽中」として販売されているものもよく入れます。その模様もレポートいたします。




手羽先ではなく手羽中が便利かも!


これは 手羽中。 スーパーでよく見かけますね、この形。

おでん手羽先

手羽中とは 今回のように手羽先の先っぽの部分を取り除き、更に2本ある骨の中央を真っ2つに切ったものです。手羽中1本につき骨は1本ということです。つまり手羽先の一部分なんですね。


切らなくてもいいし、一つ一つがコンパクトで鍋の収まりも、そして食べやすさも抜群です。手羽先を丸々豪快に入れるのもインパクトがあり楽しいのですが、結局こっちでいいかなってなっちゃうのが「手羽中」です。もちろん手羽中もしっかりと下茹でして本鍋に投入するわけですが、扱いやすいですね。



おでん本鍋で完成させた手羽中です。

おでん手羽先

出汁にしっかりと旨味を加えてくれ、手羽中自体もプリプリに美味しく仕上がります。

手羽中をおでんの具として使うのはかなりおすすめ!です。




スポンサーリンク


おでん手羽先 まとめ!


おでん手羽先

日本全国で見ても手羽先はまだまだメジャーな具とはなっていないようですが、入れる人は必ず入れる!といった定番にもなっている具。出汁にあたえる影響力があるので、手羽先ありなしを使い分け、様々な風合いのおでんを楽しむというのもいいですね。肉系具材として、牛すじやウィンナーだけでなく「手羽先」も試してみて下さいッ!



 

↑ PAGE TOP