ラーメンにきくらげを入れたい!スーパーでどこの売り場にある?価格は?


おすすめまSU!

ラーメンにきくらげを入れたい!スーパーでどこの売り場にある?価格は?


自宅でラーメンを作り、トッピングの具として、「きくらげ」を入れようと思います。イメージ的にはこんな感じで・・・。

ラーメンにきくらげ

きくらげを自宅で食べたことは今まで一度もありません。買うとなれば「スーパー」だと思うのですが、売っているものなのかな?なにせ、今まで気にもかけたことがないので。

とりあえず、近所のスーパーに行ってみます。




スポンサーリンク


きくらげはスーパーのどこの売り場にある?

スーパー店内をさまよい歩きながら・・・見つけました!乾物コーナーにありました。乾燥シイタケなどがある売り場です。

熊本県産きくらげ

こんな感じの商品でした。あらかじめ「カットされているタイプ」のものです。

きくらげはキノコなんですね。シイタケのように、「山の幸」です。くらげとあるので印象として海産物なのかと思ってしまいますが、キノコです。乾燥シイタケの売り場にあるわけです。

見つけて購入したきくらげ、「熊本県産」となっています。国産のきくらげです。このスーパーにはこれしか置いてなかったのですが、うん?・・・お値段は税込みで500円近くします。量は20gです。

これって、もしかして国産の高級きくらげの部類なのでは?

こんなはずはない!きくらげがそんなに高いなんて。再度別のスーパーをいろいろとのぞいてみることに。



スーパーで売っているきくらげの価格。

別のスーパーをのぞいてみますと、あります!

購入した国産の500円ほどのきくらげと同じような分量で、そしてカットタイプのもので、200円程度で売られていました・・・。「中国産」です。これでよかったんですよね。

一般的に、乾燥きくらげをスーパーで買うのはこの中国産が主流のようです。きくらげも国産と外国産でここまで価格が違うんですね。

更に、ドラックストアなどのディスカウントショップに行くと、カットされているタイプも、カットされていないタイプも、約100円程で売られているのを発見ッ!これも中国産。きくらげってこんなに安く買えるんですね。そして、カットされていないタイプのものを見ると、「キノコだ!」という実感もわいてきます。

私はラーメンに入れる目的できくらげを購入したわけですので、カットタイプの方が断然使いやすいですね。

スーパーでのきくらげの購入。もう少し調べて買うべきだったなぁ~。

ちなみにネットで売られているきくらげをご紹介!

国産(熊本県)の乾燥きくらげです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【国産】乾燥きくらげ スライスタイプ 20g
価格:499円(税込、送料無料) (2018/3/16時点)


やはり20gで国産だとこれくらいの価格になりますね。

■■ 追記
後に調べて分かったことですが、熊本県はきくらげの生産量が日本でトップ!だからきくらげがよく熊本県産になっている訳なんですね。



乾燥きくらげの調理方法は?

購入してきたこの乾燥きくらげ。さあ、どの様に使えばいいのでしょうか?

パッケージの表記には、「水で戻してよく洗ってご使用ください。」としか書かれていません。他のスーパーで見たきくらげの表示にも、30~40分ほど水で戻してお使いください、のような表記だけ。

ネットの乾燥きくらげのレシピを色々と拝見すると、水で戻した乾燥きくらげをそのままラーメンのトッピングとして使ったり、加熱しない生サラダに使用したり。

水で戻したらそのまま食べられるという訳ですね。戻し終わったきくらげを「水で洗う」くらいはしておこう。とっても簡単で使いやすい食材ですね。

お皿に乾燥きくらげを入れます。

乾燥きくらげ調理方

乾燥状態の香りは「シイタケ」のようですが、シイタケほど強い香りではないといったところでしょうか。

水を注ぎます。

乾燥きくらげ調理方

ここから40分待つことにします。

約40分経過した状態がこちら。

乾燥きくらげ調理方

おお!戻っています。2~3倍程度でしょうか。これをザルにあげて水道水で軽く水洗いします。

乾燥きくらげ調理方

これで完成。つまんでみると、よくラーメンに乗っているきくらげと同じプリプリの食感です。出来てます!

当然ですが、味はほとんどなく、少しだけキノコ的な風味がする程度。これでいいんです。今回の目的はラーメンのトッピングです。




スポンサーリンク


ラーメンにきくらげをのせてみました。

ラーメンにきくらげをトッピング

自宅で作ったラーメンにこのきくらげをトッピング!こんな感じです。本格的なラーメンの外観になりました。

今回作ったラーメンは、焦がしにんにく油(マー油)で有名な熊本ラーメンを通販でお取り寄せしたものです。スープから自分で作ったラーメンではありません・・・。

ラーメンにきくらげをトッピング

麺・スープ・焦がしにんにく油・海苔以外のトッピングはすべて自分で用意したものですが、その中でも「きくらげ」は熊本ラーメンには必ず乗っているトッピングであるようなので、日頃買わないきくらげを買ってきたという次第です。

このお取り寄せラーメン自体も本格的でおいしかったのですが、きくらげが乗っかることで、本格感がさらに増しました。プリッとした歯ごたえ、ラーメンの味を邪魔しないかすかな風味。名わき役ですね!そして焦がしにんにく香る濃厚な熊本ラーメンとの相性もバッチリ。きくらげの重要性がわかるラーメンでした。

ちなみに、この通販でお取り寄せした熊本ラーメンの詳細リポートページはこちらからご覧になれます。



使えるぞ!乾燥きくらげ

初めて購入した乾燥きくらげですが、とても使いやすい食材だと学びました。

価格は安い!
今回の私の買い物では知識不足で、高い商品を買ってしまったようですが、一般的によく出回っている乾燥きくらげは中国産で、安いところでは100円程度で買える。

調理も簡単!
基本水で戻すだけで良い。

食感が独特で料理にインパクトを!
プリプリとした歯ごたえが他にはあまりない特徴的な食材。ラーメンのトッピングにはもちろん、炒め物や、サラダなどに使えば、一風変わったお料理が楽しめる。

そして更に・・・!

豊富な栄養素!
ビタミンD・食物繊維・鉄分・カルシウムなど、豊富な栄養価のある食材として注目されるくらいだそうです。

今までスーパーでも全く気にかけなかった「きくらげ」ですが、これを機会に使える食材として見直していこうと思います。



最後までお読みいただき誠にありがとうございます。




ラーメンにきくらげを入れたい!スーパーでどこの売り場にある?価格は? ページ先頭へ


 

↑ PAGE TOP