セブンイレブンのミシュランで話題「蔦」コラボカップラーメン。徹底リポート!


おすすめまSU!

セブンイレブンのミシュランで話題「蔦」コラボカップラーメン。徹底リポート!

2018/08/11


テレビやネットでよく見ました。「ラーメン屋さんがミシュランで星を獲得した!」かなりの話題になりました。そのお店は「」といいます。そしてこの蔦のコラボラーメンというものがセブンイレブンにあるんですね。ラーメン好きなら一度は食してみたいカップラーメン!

セブンイレブンのカップラーメン蔦

セブンプレミアム商品
蔦 醤油Soba
お値段278円(税込)※2017年10月現在
カロリー423kcal

ミシュランで星を獲得したラーメンが300円以内で食べられる訳ですか!?といっても、実店舗で食べたこともなければ、この先おそらく食べることもできない。地方なもので。

ベースは醤油ラーメンです。私の住んでいる地域では、メインが醤油ラーメンのお店が極めて少ない。九州なもので。だから比べる対象はお店のラーメンではなく、他のカップラーメン醤油味となります。

一般的な醤油カップラーメンと、「大差がない」なんてことは困ります。ミシュランで星を獲得したという話題性、黒トリュフの香料を使用しているという高級感。思いっきりハードルを上げていますからね。

セブンイレブンのカップラーメン蔦

期待を込めて食してみたいと思います。いや~楽しみ!!




スポンサーリンク


カップラーメン「蔦」調理開始!

カップの中身を取り出します。

セブンイレブンのカップラーメン蔦

液体スープ・調味油・かやく、そして真空パックされたメンマ!が入っています。

セブンイレブンのカップラーメン蔦

このようなメンマの扱いのカップラーメンは初めてです。メンマにこだわりのあるラーメンなのでしょうか?

セブンイレブンのカップラーメン蔦

こちらが、黒トリュフフレーバー(黒トリュフの香料)が入っているオイルということですね。どんな香なのでしょうか?

セブンイレブンのカップラーメン蔦

麺はノンフライ麺のようです。白っぽさが印象的な麺です。

麺の上にかやくだけを開けます。

セブンイレブンのカップラーメン蔦

大き目のネギとベーコンのような形にカットされたチャーシューが一枚見えます。この時点でもチャーシューから醤油の良い香りがします。

熱湯を入れて・・・

セブンイレブンのカップラーメン蔦

液体スープと調味油の袋と、メンマのパックを蓋の上で温め5分待つ!

残りの材料を全部入れてよくかき混ぜ出来上がりです。

セブンイレブンのカップラーメン蔦

見た目はよく見る「カップラーメン醤油」のようですが、味はどうなのでしょうか?!油の浮きがかなり目立ちます。美味しそう!

ではではさっそくいただきますッ!



さあ、ミシュラン星獲得「蔦」のカップラーメンはどんな味?!

香りをかいでみます。

鶏ガラが効いた醤油の香りとは少し違う!何か和食料理の香りといいますか。鶏・魚介のスープですが、魚介の香りが強いように感じました。とても風味豊かなものです。

スープはこんな感じ。

セブンイレブンのカップラーメン蔦

とっても済んだ黄金色のスープです。飲みます。ズズッ!

ラーメンのスープ?戸惑うくらい初めての感覚。本当に和食的な味わい。おでんのスープにも似てる気がするくらいです。

そして、魚介には「あさり」が使われているようで、これがまた確かに貝の風味がします。しかも結構強め。香ばしい魚の旨味ではなく、優しくまろやかで深い旨味があります。更にスープの味自体も「甘み」というものも感じられ、完成された上品な和風スープに仕上がってる!

そこに香味油が混ざってくることによって、ただの和風なスープではなく、やはりラーメンのスープになっているんですね~。絶妙!

麺を持ち上げます。

セブンイレブンのカップラーメン蔦

こんにゃく麺とも思えそうな透明感のある麺です。食べます。ズズッ!

弾力ッ!すごいですね。ノンフライ麺でよく感じるプリプリ感がこの麺にもあります。個人的に大好きな麺です。麺自体もとっても美味しい。麺の原材料に「卵粉」とあるので、タマゴ麺寄りの麺なのかもしれません。

食べていけばいくほど、このスープと麺のマッチ具合が感じ取れます。面白い!上品な風味のスープですが、油の量も結構感じます。味が上品なだけに「逆に」油を感じてしまうな、とも思えます。そこに光沢のあるプリプリ麺がめちゃくちゃ合います。このバランスがイイですね。

あ!黒トリュフ。その香りは?!そういえば自分、トリュフ食べたことがないので・・・。どの風味がトリュフなのかは正直わかりませんでした。おそらくスープの上品さに加わっているのでしょう。すみません、適当で。

具の方は。

セブンイレブンのカップラーメン蔦

チャーシューです。お湯をかける前のカラカラさの面影はなく、リアルな状態に。醤油風味が染み込んだチャーシュー。でもここは高級感は感じません。普通のカップラーメンのチャーシューですね。

セブンイレブンのカップラーメン蔦

メンマです。パッケージされたメンマはどんなものかと口に運びましたが・・・びっくり!うまい!シャキっと歯ごたえだけではなく、柔らかくプリッとした食感もあります。日頃ラーメン屋さんで食べるメンマよりも美味しいと感じちゃいました。ラーメンに入っているメンマは、あくまでも食感的なもの、メンマそのものが美味しいかどうかなんて考えたことはありませんでしたが、このメンマはメンマに注目させてくれます。お寿司で食べる赤貝のような食感にも感じます。パッケージメンマの意味が分かりました。

総合的にカップラーメンということを忘れさせる程の深みのある醤油ラーメンでした。実店舗のラーメンとはおそらく全く違うとは思いますが、高級感を漂わせる一風変わったラーメン感はしっかりと感じ取れました。キーポイントはアサリの風味とメンマの美味しさといったところでしょうか?!

スープは最後まで飲み干しましたが、スープの味わいとは裏腹に「油感」は少し強めかな。意外にこってりな後味に終わりました。

美味しく楽しめました。ごちそうさまです。




スポンサーリンク


セブンイレブンのカップラーメン「蔦」を食べて。

本物の蔦のラーメンは食べたことはありませんが、他のカップラーメンと比べると、結構な違いを感じる味わいでした。和の要素が目立つラーメンです。

高級感があるといえばそう思えますが、日本人として日頃から馴染みのある味ともいえます。

いや~それにしてもメンマ。美味しかった!

セブンイレブンのカップラーメン蔦

セブンイレブンのカップラーメン「蔦」。正統派醤油ラーメンのようで、実は少し個性も感じれるラーメンにも思えました。楽しかったです。

ミシュランで一つ星を獲得した実際の「蔦」のラーメンはどんなラーメンなんでしょうか?食べてみたいな~。



最後まで読んで頂いて誠にありがとうございます。




セブンイレブンのミシュランで話題「蔦」コラボカップラーメン。徹底リポート! ページ先頭へ


 

↑ PAGE TOP