ネットで作り方を学ぶ!初のピザ生地作りでどんなレベルの生地が出来るのか?


おすすめまSU!

ネットで作り方を学ぶ!初のピザ生地作りでどんなレベルの生地が出来るのか?

2018/09/08


ピザ生地作り方

ピザ生地作り、はじめます!

自宅の自家製ピザで極上に遊びたい!そのためにはピザ生地も一から作れるようにならないと。何だか難しそうな小麦粉の扱い。パンも作ったことがないド素人。とにかく何度も作り、失敗から学ぶというスタイルで独学で学んでいこうと思います。

材料や分量、調理工程をネットから探りますが、いや~これがまた多種多様!だいたいレシピというものはたくさん観覧していると「これが一般的」というものが見えてくるのですが、ピザ生地に関しては見えてこない!それだけ奥深いものなのでしょうか?それでも何とか無理矢理一般化してみた結果での「材料と調理工程」で望んでみたいと思います!一般化?これ自体もよくわからない。




スポンサーリンク


目次

ピザ生地の材料は
調理工程は
ピザ生地作り開始!
このピザ生地の味わいは?!
今回の作り方でのピザ生地レベル



ピザ生地の材料は

<約25cm の厚目のピザ2枚分>
強力粉     200g
薄力粉     100g
ドライイースト 5g
砂糖      小さじ1杯
塩       小さじ1/3杯
オリーブオイル 大さじ2杯
ぬるま湯    140cc


ピザ生地材料

ピザ生地作り初挑戦はこんな材料と分量で作ることにしました。強力粉と薄力粉の比率もレシピによって様々。わかりやすく2:1で試します。

この材料での調理過程と味わいをしっかりとレポートいていきます。



調理工程は

ザックリと調理工程を書きます。

  1. 上記のすべての材料をボールに入れ手で混ぜる。
  2. 一塊の球体になるまで、とことんボールの中でこねたり叩きつけたりする。
  3. 丸まった生地の入ったボールにラップをして常温(夏場なので28~30°)で約20分放置して発酵させる。
  4. 膨れ上がった生地を取り出し、再度こねて2分割しそれらをまた1時間放置。
  5. 生地を25㎝サイズにのばし生地は完成!あとはトッピングをしてオーブントースターで焼くだけ。



このような流れで作ってみました。では、実際の調理の様子をご覧くださいッ!



ピザ生地作り開始!

ボールにすべての材料を入れます。入れる順番などもあるようですが、ここはあえて無視!初めてですから。一気に入れて一気に混ぜることにします。それではいけない理由がわかるかも?!

手をきれいに洗って混ぜます。あらら?変な感じで分離するぞ。一つにまとまるのか?と焦りながらも2~3分、ばらけた消しゴムのカスをひとつにまとめるような感じでこね続けていると

ピザ生地こねる

結局まとまってくれました。なんとか球体に出来そうです。

およそ10分間ほど、こねたり叩きつけたりしました。そんな生地がこれ。

ピザ生地

そしてピザ生地は「乾燥」させないように心がけるのが重要なようで、濡れたふきんで覆って更にボールにラップをかけるという工程がよさそう。

ピザ生地キッチンペーパー

ふきんの代用として「キッチンペーパー」を湿らせてかぶせました。いろんな料理で、ふきんの代用としてキッチンペーパーは活躍します。がッしかし!!

後にこのキッチンペーパーが大惨事を起こしてくれます。結果から言うとふきんじゃないとだめです。

ピザ生地ラップ

ボールにラップをし20分間発酵させます。

すごいなドライイーストって!膨らみます。2倍くらいですかね。

ピザ生地材料

キッチンペーパーをそろりとはがします。この時点ではまだ丁寧にはがせば綺麗にはがせます・・・。

生地を取り出し、膨れ上がったガスを抜く感じで、平たくして手で伸ばし押し付けます。

ピザ生地ガス抜き

そして再び軽くこねて丸型にし

ピザ生地

それを包丁で2分割。

ピザ生地

それらを丸めてボールに入れ、湿らした「キッチンペーパー」をかぶせラップをします。

ピザ生地

二等分しても最初の塊の大きさです。これらをまた常温で1時間放置します。「2次発酵」ということでしょうか。

ちなみに「1時間」という時間は、いろいろな段取り、支度でこの時間になったというだけです。出来るだけ長く発酵させた方がイイのかな?というニュアンス。本格的に一晩寝かせる2次発酵は冷蔵庫でするようです。

1時間常温で放置した生地。これがまた膨らんでます。更に倍に!怖いぐらいです。キッチンペーパーをはがし・・・!ここです、大失敗!2度目の発酵では生地も柔らかくなり、キッチンペーパーがまとわりつく!破れちゃいました。紙が残るのは嫌なので、はがせなかった部分は生地ごとそぎ落とします。う~ん。キッチンペーパーはだめですね。濡れふきん、もしくは何もかぶせない方法で良かったかも。ボールにラップだけで。

そんな生地ですが更に柔らかくなっています。これを直径25㎝に伸ばします。弾力があり戻ったりしますが、まな板の上で押しつけて伸ばせば、何とか望み通りの大きさにできます。25㎝だから日常で使うまな板では扱いにくいですね。この大きさのピザを作るなら、ピザ生地用シートのような商品は重宝しそう。

ピザ生地

これまたちなみに「25㎝」というのは、ピザを焼く熱源で使う、我が家のオーブントースターに入る最大の大きさだから。食パンが一気に4枚焼けるワイドスペースのトースターです。非常に便利です。

生地が出来たら後はソースとお好みのトッピングを寝せて焼くだけ!

ピザ生地トースター

焼き具合はトースターまかせ。6~7分程度かな(1200W)。トースターの窓からチーズの焦げた感じもちょうどいい!

初めて作ったピザ生地はどんな感じなのでしょうか!?味わいをしっかりとレポートします。



このピザ生地の味わいは?!

このように焼きあがりました。

自家製のピザ生地でのピザ完成

生地の方は

自家製のピザ生地

クリスピータイプではなく厚めの生地です。焦げた感じも中々美味しそうに出来上がっています。

肝心の味わいは・・・?

しっかりと「ピザ生地」になっています。しかしモッチリとした弾力が足りない・・・。パサパサではありませんが、固さを感じます。

外側の具が乗っていない部分は、しっとりした「ソフトクッキー」のような?「カロリーメイト」のような?食感です。ボソボソした感じ。なぜだ!?

思い描いていたピザ生地とはちょっと違う!出来立てをすぐに食べれば固さも気にならずサクサクで美味しいのですが、時間を置くとその固さが目立ちます。タイプは違うけど、スーパーで売っている市販の冷蔵タイプのピザ生地の方が美味しいですね~。

改善の余地がかなりあります。

水が少なかったのか?

こねが甘かったのか?

2次発酵を一晩冷蔵庫で寝かせるくらいしないとモチモチにはならないのか?

とにかくこの生地では満足できない。しっかりと対策を練ってピザ生地作り2回目に持ち込もうと思います。



今回の作り方でのピザ生地レベル

ピザ生地レベル
★★★☆☆☆☆☆☆☆ (3/10点)

決して失敗とは思いません。「ガツンとワイルドな生地」でこれはこれでうまい。しかし完成度はおそらく低いと思います。「手間」と「材料費の安さ」を天秤にかけてギリギリありかな?といったレベル。

ピザの生地にはちゃんとなっているという事で3つ。やはりモチモチ感が出ていないのが残念なところ。

初めてのピザ生地作りとしてこの評価。これを基準として試行錯誤していこうと思います。


最後までお付き合いありがとうございます。





↑ PAGE TOP