瓦そばトッピングの牛肉。「煮る」でなく「焼く」で味わってみる!


おすすめまSU!

瓦そばトッピングの牛肉。「煮る」でなく「焼く」で味わってみる!

2020/04/16


瓦そば牛肉

瓦そばのトッピングとして欠かせない牛肉。豚肉や鶏肉では茶そばとの相性が半減してしまう。牛肉のコクと甘味が必要なお料理。なんと贅沢なグルメであろうか。

そんな瓦そばの牛肉なんですが、調味料などでクタクタ煮たものを使うのが一般的です。煮た牛肉という訳です。ただ!庶民には せっかくの牛肉は煮るんじゃなくて焼き色を付けて いただきたい。という思いもあったりする。

ということで、今回は「しっかりと焼く」牛肉を瓦そばのトッピングにしました。

その模様を細かくレポートします!




スポンサーリンク


目次

牛肉に焦げ目を付けて焼く。
焼き牛肉瓦そばの味わいは?
まとめるッ!



牛肉に焦げ目を付けて焼く。


瓦そば牛肉

スーパーで購入した国産牛。400gで1500円程度。高い...。でも時間帯で半額をゲット。近所のスーパーの使い方ってこういうことですよね。


パックに入ったお肉にそのまま料理酒を回しかけ、浸します。15分ほど。味が染み込みやすくなり、肉自体も柔らかくなり、臭みも取れます。

これを小鍋で煮るのではなく、 フライパンで炒める のです!

瓦そば牛肉

牛肉を炒めたい理由は、焦がすことにより生まれる「メイラード反応」の旨味です。これで瓦そばを味わいたい!こま切れにした肉は、混ぜながら炒めるといつまでたっても「焦げ」が付かない。だからフライパンいっぱいに肉を広げ、触らずに放置します。


そうすれば、肉裏面に焦げ目がつく!

瓦そば牛肉

こうして焦げ目が付けば、醤油・みりん・砂糖などの調味料を混ぜ炒める。


うん、これですっ!

瓦そば牛肉

煮た牛肉ではなく焼いた牛肉。醤油の色で黒っぽいですが、焦げ目・脂のジューシー加減はまさに「焼肉」です。


瓦そば牛肉

これを瓦そばのトッピングの一つに使う訳です。

さあ!焼き使用の牛肉での瓦そばはいかに!?




焼き牛肉瓦そばの味わいは?

瓦そば牛肉

今回もホットプレートで仕上げました。画像はかなり黒っぽいですが、実際はそうでもないです。

瓦そばの作り方は
瓦そばの魅力・作り方を徹底リポート!
で詳しくご紹介しています。

やはり牛肉の美味しさが際立つ!肉を焼くことで旨味やジューシーさがよく出ている。茶そばとの相性もいいです。ただ!つゆにつけて食べていくと、後半から脂っこさがくどくなる。瓦そばという料理のバランスが崩れる気もする。


う~ん...。牛肉自体は美味しいんだけど、瓦そばとして頂くにはちょっと暴れすぎるといった印象。煮た牛肉でちょうどいいバランスが取れているんだろうな。

アレンジを寄せ付けない瓦そば料理の完成度に脱帽です。





スポンサーリンク


まとめるッ!

瓦そば牛肉

一般的な瓦そばのレシピとしては牛肉は煮詰める訳ですが、庶民の私は牛肉は焼かないと損した気分になる...ということで、今回試した次第ですが、牛肉のジューシーさが出てきてそれが瓦そばには少し邪魔という感じがしました。牛肉のコクと甘味だけを利用する「煮る牛肉」を使うことが瓦そばにはベストですね~、やっぱり。

瓦そばの奥深さを改めて認識した試みでした。





↑ PAGE TOP