セブンイレブンのカップ肉うどん。どん兵衛に勝るポイントが1つある!?


おすすめまSU!

セブンイレブンのカップ肉うどん。どん兵衛に勝るポイントが1つある!?


セブンイレブン肉うどんカップ


セブンイレブンプレミアム商品 としてズラッと並べられているカップタイプの関西風うどん。シンプルなパッケージが特徴的。インスタントカップうどん好きなので、気になってはいましたが、ありきたりなものだろうと、スルーしていました。

でも本日はひょんなことで購入。規格として肉・きつねの2種類があります。肉うどんを選びました。そしてこの購入で新たな発見が...!

セブンイレブンプレミアム
関西風 肉うどん
販売地域:全国
価格:127円(税込)
カロリー:283kcal
※2020年7月現在。



セブンイレブンの縦型カップうどん!じっくりレポートします。




スポンサーリンク


目次

関西風肉うどん 味わう!
セブンの肉うどんは史上(市場)最強か?!



関西風肉うどん 味わう!


セブンイレブン肉うどんカップ

パッケージからもすぐにわかるように「関西風」を押しているうどん。そもそも関西風を全国販売しているのも面白いところ。一般的に関西風のスープは、薄口醤油ベースで醤油のコクを出さず、甘味を加えるといったもの。それゆえに「あっさり」という表現がよく使われます。


セブンイレブン肉うどんカップ

ふたを開けます。中の様子。

うん。だいたいこんなものでしょう。よく見る麺の形状で、よく見るかやく肉の量。


セブンイレブン肉うどんカップ

お湯を入れて4分待っていただきました!


■ 味わいの感想!

じっくり味わったその感想。

麺。

結構な太麺使用。そしてカップうどん特有の弾力食感はしっかりある。どん兵衛のコシ。マルちゃんのモッチリ。その中間の噛み応えか?とても美味しい麺。これくらいの仕上がりはセブンイレブンならお手の物でしょう。太麺で食べごたえはあるが「めん55g」で内容量はかなり少ない。


具。

市販カップ肉うどんのかやくの肉は食べるというより、出汁の旨味をプラスするレベル。こちらもやはりそれぐらいの量。インパクトはありません。


スープ。

ここが凄い! 滑らかで優しい味わい。カップうどんのトップに君臨するであろう「どん兵衛」でさえ、スープはインスタント感が強く喉がイガイガするものですが、こちらはそれがない。残ったスープは和風スープとして飲める!そんな味わい。



おにぎりともめちゃくちゃ合いそうな「飲める」スープです。これはちょっと驚き。麺と具はありきたりのカップ肉うどん感ですが、スープは違う!よくある「スープだけで販売しているような商品」のレベル。脂っこくなくスッとのどに入っていきます。関西風ということで、あっさり仕立て。でもしっかりと魚介や肉の旨味が効いたインスタントととしては 極上のスープ かもしれません。




セブンの肉うどんは史上(市場)最強か?!


セブンイレブン肉うどんカップ

カップうどん。あのモチっとした麺の食感が美味しく、比較的どんな商品でもハズレがないイメージで、大好きです。日清のどん兵衛、マルちゃんの赤いきつね・緑のたぬきなどなど色々食べてきましたが、ネックなのはスープ。やっぱりインスタントだな~って思わせる訳です。

そのネックポイントを改善したカップうどん!

という味わいに仕上がっているのがこのセブンのカップうどん。といっても過言ではない!これって画期的な商品かもしれません。飲むスープに麺とかやくが入っている感じ。

ただ、量が少ない!内容量は65g。ちなみに「どん兵衛肉うどん」は87g。昼食をカップ1杯で終わらせるには物足りない量です。プラスおにぎりという訳ですね。ここまでのクオリティーですので、コンビニ戦略ではなく、王手カップうどんメーカーとガチで競ってほしいです。






↑ PAGE TOP