セブンイレブンの冷たいまま食べるチキン南蛮。これを応用して温めない弁当を展開してほしい!


おすすめまSU!

セブンイレブンの冷たいまま食べるチキン南蛮。これを応用して温めない弁当を展開してほしい!


セブンイレブン冷たいまま食べるチキン南蛮


冷たいまま食べることを押している斬新な商品。しかもチキン南蛮です。チキン南蛮といえば人気お弁当トップレベルに君臨するメニュー。これを温かくない状態で提供するシステム。まさに画期的!ただこの商品、九州地方の販売となっている模様。私は九州に住んでいるので買えました。そして...。

味も画期的! とても美味しい。

地方限定販売はもったいないのでは?!

コンビニのお弁当やお惣菜 は日々進化しておりクオリティーが高くなっているのは事実ですが、ひとつ弱点が...。レンジアップされた味わいになる事です。レンジの温めでも美味しく仕上がるように開発されていますが、不自然な温かみは不利な要素です。

しかし!「冷たいまま食べるシリーズ」は、その不利な要素がなく、商品そのままの能力で勝負できる。そしてこのチキン南蛮はかなりの完成度。これは是非とも「温めないお弁当」という新ジャンルを構築してほしくなります。本来お弁当というものは冷めた状態で食べるものですからね。コンビニ弁当の更なる進化のきっかけになりそうな予感。

そんな「冷たいまま食べるチキン南蛮」じっくりレポートしていきます。




スポンサーリンク


目次

冷たいまま食べるチキン南蛮 味わう!
冷たいまま食べるチキン南蛮 スペック
まとめます。



冷たいまま食べるチキン南蛮 味わう!


カップの蓋を開けるとこんな感じ。

セブンイレブン冷たいまま食べるチキン南蛮

タルタルソースと甘辛風醤油ソースがかかっている状態です。ソースの量はかなりのもの。惜しみなくかけられている。


箸で一個持ち上げる。

セブンイレブン冷たいまま食べるチキン南蛮

形状は細長くカットタイプではなく、唐揚げタイプ。食べやすい形です。


いただくッ!

買ってきて冷蔵庫に入れていたものを即食べている訳ですが、非常に美味しい!普通なら肉はパサパサ、衣もおいしくない状態ですが、そういうのと「違う部類の食べ物」といった感じ。

温めたときのジューシー感みたいなものは全くなく、噛めば噛むほど旨味を感じるといったタイプ。衣が特徴的で、ジュクジュクしておらずガチっと歯ごたえを感じるもの。サクサクではありません。そんな衣がめちゃくちゃ美味しい!油っぽさを感じなくて、むしろヘルシー料理なのか?ってくらいです。中の肉の方もジューシーというものではなく、しっとりやわらかな食感。これはうまい!


で! あっさりとしたこの旨肉をソースでジューシーに味わうという訳です。まいった!

セブンイレブン冷たいまま食べるチキン南蛮

食べている最中の写真で申し訳ないのですが、ソースの量はたっぷり。そしてソースの味わいも極旨。まったりタルタルとコクがあり甘めの醤油ベースソースのハーモニーは絶品。これくらいのソース開発はセブンイレブンにとってはお手の物でしょうね。


■ 冷たいまま食べるチキン南蛮!
この商品はサラダ部門の延長といった立ち位置で販売されていますが、ここじゃない!メインのお弁当部門で活躍してほしい。レンジアップをしないお弁当という新ジャンルを是非とも開発してほしい!コンビニは温めなくても美味しいおにぎりが作れるくらいなので、お弁当の米も問題ないでしょう...。冷めた状態でも美味しいお弁当がコンビニで買えれば、最強になるな~なんて思わせるこの「冷たいまま食べるチキン南蛮」でした。




冷たいまま食べるチキン南蛮 スペック


ここで「冷たいまま食べるチキン南蛮」の商品スペックをまとめます。

セブンイレブン冷たいまま食べるチキン南蛮

セブンイレブン

商品名 冷たいまま食べるチキン南蛮
価格 270円(税込)
カロリー 476kcal
主な原材料 鶏肉、マヨネーズ、砂糖、卵、リンゴ酢、醤油、小麦粉、玉葱、茹でたまご、きゅうり、みりん、トマトケチャップ、醤油加工品、食物油脂、清酒、赤唐辛子、食塩、パセリ
※その他アミノ酸等やPH調整剤など使われております。

※2020年9月現在の情報です。


やはりタルタルソースにはしっかりときゅうりや玉ねぎも入っている訳ですね。酢ではなくリンゴ酢の使用もこだわりを感じます。さすがセブンイレブン!




まとめます。


セブンイレブン冷たいまま食べるチキン南蛮

この商品の衝撃ポイントは、暑い時期にサッパリと頂けるというものではなく、揚げた肉を温めることなくそのままの状態で食べる味わいのクオリティー。地方限定商品のようですが、この完成度は全国レベル。コンビニ特有のレンジ調理文化が変わるきっかけになってくれないかな~!そんなことを一人でぼやきながら食べていました。






↑ PAGE TOP