セブンイレブンのななチキが新・ななチキに。その変貌ぶりがッ!


おすすめまSU!

セブンイレブンのななチキが新・ななチキに。その変貌ぶりがッ!

2019/03/17


セブンイレブン新ななチキ

セブンイレブンのコンビニチキンの顔、ななチキが「新・ななチキ」にリニューアルしました・・・っていうかもう今現在はかなりの月日が。2018年10月から順次発売されたわけですから、すでに4か月程度たっています。ななチキがコンビニ最強チキンと思っているくらいななチキファンの私ですが、機会が中々なくて。今では「新」がとれて通常の「ななチキ」という商品名になっています。

でも、リニューアルしている訳ですから、以前のななチキとは何かしら変わっている訳です。その変貌ぶりをやっと確認できるときが来ました!

■商品スペック
商品名 ななチキ
お値段 198円(税込) ※2019年2月現在
カロリー 201kcal

価格は以前と同じ。相変わらずのセブンの高値設定。カロリーがええ?以前と全く同じ?セブンイレブンのホームページからの情報ですが、リニューアルして同じということ?偶然なのでしょうか。まあそこはさておき、このリニューアルしたななチキを味わっていこうと思います。




スポンサーリンク


リニューアルしたななチキ頂くッ!

手に取った感じ、以前よりもガシッと硬さを感じる。いつものように袋の点線をバリバリっとカット。この袋を切るときも中身がガッシリしてるから切りやすいと感じるほど。

セブンイレブン新ななチキ

これが新しいななチキだ~!!んん?見た目も変化を感じるぞ。今までのななチキとは何か違う。

衣の様子をさらにドアップした写真。

セブンイレブン新ななチキ

よーく見ると白っぽいものがちらほら見えます。これはもしかしたら「片栗粉」か?セブンイレブンの揚げ物には「からあげ棒」「揚げ鶏」など片栗粉を使用する商品が多い。サクサク感が出る訳です。でもいたって少量なので、片栗粉と判断するのは難しいところ。

ちなみに「揚げ鶏」が新・揚げ鶏となって片栗粉を使う竜田揚げバージョンになったその衣の様子はこんな感じ。
↓揚げ鶏のアップ写真!
セブンイレブン揚げ鶏片栗粉

白っぽいのは片栗粉。量は全然違いますが、形状はよく似ている。新ななチキにも片栗粉も使われているのかな?断定はできませんが。

かぶりつきます!

なるほど・・・。以前のななチキとは全く違う。微調整レベルではないです。

まず、衣が全然違う。以前のごく自然なサクサク感とは違い、がっちりコーチングされたような衣。う~ん、こっちに進化するのか。セブンイレブンのななチキはコンビニ感を極力出さないような衣の食感でした。それが、もろにコンビニ感を出している食感に。

中身のチキン。旨味・味わいはそこまで変化を感じませんが、若干、無駄なオイリー感を削除しているような。

変化ぶりをまとめると、「衣ガッツリ、中身サッパリ」といった印象。私独自の印象ですが。

違う違う~違うぞ!なぜコンビニっぽくしてきた、ななチキ?

他のコンビニチキンとは格差をつけたような本格的な味わいが魅力で、価格の高さも納得できたものでしたが、これでは価格の安い分「ファミチキ」「エルチキ」のほうが格上か?

以前のななチキの「ケンタッキー」のような味わいは健在で美味しいですが、全体的に安っぽさを感じるチキンに変わったといっても過言ではない!

衣がザックっと食べごたえのある食感になり、こちらのななチキの方が好みという人も多いと思います。しかし自分としては、少々残念。あの自然なチキン感が好きだったんですけどね~。

ちなみに新・ななチキになる前のななチキはこんな感じでした。

セブンイレブンの「ななチキ」骨なし

やはり衣が違いますね。新ななチキより薄めに付けられていたようです。このななチキはもう味わえないのか・・・。



追記!

後日ななチキを自宅に持ち帰って食べる機会があったので、包丁でカットし中の様子を観察します。

買ってきたななチキ!

セブンイレブン新ななチキ



衣アップの写真!

セブンイレブン新ななチキ



包丁でカット。中身の様子!

セブンイレブン新ななチキ



あれれ?新しくなったななチキをじっくり観察しようと思いましたが...。

何か前と違う?というよりリニューアル前のななチキっぽいぞ。気のせいか?ガッシリ衣の感じが「見た目も食感も」やっぱり昔っぽい。


セブンイレブン新ななチキ
↑先日食べたななチキ!

セブンイレブン新ななチキ
↑今回買ったななチキ!

セブンイレブンななチキ

↑リニューアル前のななチキ!


写真の色合いが違うので判断は難しいですが、今回食べたななチキはリニューアル前の衣の食感とあまり変わらなかった。ガシガシ感はどうした?もどった?いやでも言い切れる自信はない。食べるシーンでの感じかたの差かな...?



ななチキ(骨なし)まとめる!

セブンイレブン新ななチキ

以前のななチキはコンビニチキンとしては本格さを感じさせるチキンでしたが、新・ななチキ(現在の商品名はななチキ)はグ~ンとコンビニチキン寄りになった!といった感想です。好みはそれぞれですが、こんなにも変わるとは?ビックリです。大きな変化は「衣」です。分厚くなりザクザク感が増しました。味自体にそれほど変化は感じ取れませんでしたが。衣って大切ですね。食感が違うだけで商品のイメージをガラッと変えます。

私は以前のななチキの方が好みですが、新しいななチキもランチとしてがぶがぶ食べていくこととなるでしょう。コンビニチキン自体大好きですからね。

↓↓↓以下に過去のななチキレポートもあります。



2018年10月以前の「ななチキ」レポート

※過去のななチキレポート記事です。

日頃あまり行かない地域のセブンイレブンに行くと、ホットスナックコーナーに「ななチキ」というチキンを発見しました。

私はあまり知らなかったのですが、ななチキは以前から販売されており、骨付き・骨なしがあるようです。パック販売などもありクリスマス的なチキンの位置づけのようです。

そんな「ななチキ」骨なしタイプが、お馴染みの「揚げ鶏」の横に何気にありました。迷わず購入!

セブンイレブンの「ななチキ」骨なしタイプ

セブンイレブンの
ななチキ(骨なし)
お値段198円(税込)※2017年10月現在
カロリー201kcal

コンビニチキン。ファミリーマートの「ファミチキ」・ローソンの「エルチキ」・セブンイレブンの「揚げ鶏」。セブンイレブンだけ揚げ鶏として少しジャンルの違うチキンに仕上がっています。

しかし、ななチキをまじまじと見ると、ファミマやローソンタイプのチキンです。揚げ鶏も相当おいしいチキンですが、やはりこのタイプのチキンをセブンイレブンに求めていた感はあります。お値段はどこよりも高い価格。これはいつものこと。

おお~早く食べたい!!いただきます!


■■ ななチキ実食!

セブンイレブンの「ななチキ」骨なし

見た目は揚げ鶏とは全く違います。ファミチキやエルチキ寄りの外観です。黒コショウっぽいものも見られます。ガブリッ!

うわ~全然違う!!何と?揚げ鶏はもちろんのこと、ファミチキやエルチキのチキンとは味わいが違います。というより「製法」も違うような気が。どちらかというと「ケンタッキー」のようなチキンに感じました。

これは美味しい!衣のサクッとした様子・鶏肉のジューシーさ加減は他のコンビニチキンとよく似ていますが、鶏肉の「旨味」というものが別格!旨味がとっても優しくマイルドです。

ローソン「エルチキ」税込150円
ファミリーマート「ファミチキ」税込180円
セブンイレブン「揚げ鶏」税込188円
そしてこの「ななチキ」は税込み198円

価格としてはほぼ200円で、少しお値段高めのチキンですが、私的においしさは群を抜いたコンビニチキンだと感じました。

個人的に昔から安くておいしい「エルチキ」ファンなのですが、この旨味の差と約50円という価格の差。どちらに旗を上げていいのか・・・?!ん~悩めます。楽しい・・・


■■ セブンイレブン「ななチキ」まとめ

初めて食べたななチキに感動しました。私の地域のコンビニでは揚げ鶏がメインで、日頃ななチキを売っているところはあまり見かけないのですが・・・。それともこれから売り出していくのか?

セブンイレブンに常時置いていてほしいチキンですね。できれば揚げ鶏と共に。

クリスマス的な味がする「ななチキ」!これからも要チェックです。


■■ 追記

どうやら、この骨なしの「ななチキ」。たまたま見つけたわけではなく、全国で新たに販売が開始されているようです。どこのセブンイレブンに行っても置いてありました・・・。

いや~よかった!常時食べることができるわけですね!セブンイレブンからもやっと「コンビニチキン」と言えるものが参戦したわけです!揚げ鶏は別種でしたからね。

コンビニチキンとおにぎりを食べるのが私の至福の昼食!ファミチキ・エルチキ・ななチキ!これからもバシバシ食べまくりますッ。

今日も骨なし「ななチキ」買っちゃいました。

セブンイレブンの「ななチキ」骨なし

う~ん!やっぱりクリスマスの味がする!旨味がすごいですね。


■■ うま辛チキン!

更にセブンイレブンで「うま辛チキン」という商品を発見!

セブンイレブンの「うま辛チキン」

あれ?これはななチキの辛いバージョンなのか?そうであれば「ななチキ 辛味」みたいな商品ネーミングになりそうなのですが、ただの「うま辛チキン」という商品名。ななチキとの関係は?

価格も税込み198円と、ななチキと同じ価格。見た目もななチキ風。おそらくななチキの辛いバージョンだと思いますが、食べて確認。

うん!これはななチキ。揚げ鶏ではありませんし、新たなチキンでもありません。たぶん。

衣の食感、お肉の味わい。ななチキの辛いバージョンでしょう。そしてこれまた絶品。辛味がいいアクセントになっています。辛いのに弱い私が食べても汗ばんだりしないレベル。程よい辛さに仕上がっています。

ななチキ・うま辛チキン。その日の気分によって食べ分けたいですね。ちなみにカロリーは、ななチキ201kcalに対して、うま辛チキンは184kcalと若干低めになっています。




以上が2018年10月「以前」のななチキのレポートでした。

読み返しながら当時のななチキの味わいを思い出すと、やっぱり新ななチキには変化を感じます。





↑ PAGE TOP