セブンイレブンの袋インスタントラーメン「金の麺」醤油・塩・味噌食べ比べ!


おすすめまSU!
広告
実店舗のラーメンをそのまま冷凍し宅配する画期的システム。


セブンイレブンの袋インスタントラーメン「金の麺」醤油・塩・味噌食べ比べ!


セブンイレブンの袋タイプラーメン金の麺」。セブンプレミアムゴールド商品として袋麺といえども高級感を放って棚に並んでいます。

今回はそんな金の麺を全種類食べ比べてみたいと思います!

セブンイレブン袋ラーメン金の麺

3種類。「醤油」「味噌」「」です。

金の麺という商品名から、麺に力を入れていることがうかがえます。

お値段はすべて均一の税込95円です。袋麺はドラックストアなどで安く購入することになれているので、一袋100円近くする価格は高く感じてしまいます。

さあ!さっそく一味ずつじっくりと味わっていきましょう。




スポンサーリンク


セブンイレブン金の麺醤油

まずはこの味。

セブンイレブン袋ラーメン金の麺醤油

金の麺 醤油
お値段 95円(税込)
カロリー370kcal

インスタントラーメン定番の醤油味からいってみます。

袋の中身は・・・。

セブンイレブン袋ラーメン金の麺醤油

シンプルに麺と液体スープだけが入っていました。

調理方法

  • 500mlの沸騰したお湯に麺を入れ3分茹でる。
  • どんぶりに液体スープを入れて準備しておく。
  • 麺を茹で終わったら麺とお湯をどんぶりに注ぎ、よくまぜて出来上がり!


作り方もいたってシンプル。よくある調理方法です。洗い物は鍋・どんぶり・お箸といったところです。

尚、調理方法は醤油・塩・味噌すべて共通です。


セブンイレブン袋ラーメン金の麺醤油

ボコボコ沸騰したお湯に麺を投入します。丸型の麺は小さな鍋にも対応できて嬉しいですね。

セブンイレブン袋ラーメン金の麺醤油

どんぶりに入れた液体スープ。醤油タレと油が分離して見えます。ほんのり醤油の香ばしい風味も。楽しみです。このどんぶりは温める意味合いで出来るだけコンロの火の近くに置くようにしました。

さあ!およそ3分茹で、ここからはスピード勝負。

麺とお湯をどんぶりに入れかき混ぜ、自分で用意していたトッピングをササっと盛り付け。

完成です!

セブンイレブン袋ラーメン金の麺醤油

チャーシュー・ネギ・きくらげをトッピングしました。ちなみにチャーシューはセブンイレブンの「焼豚切落し」です。このチャーシューの詳しい感想は、 セブンイレブンのチャーシューはラーメントッピングとして使えるか?検証! で紹介しています。宜しければご覧ください。

頂きます!

スープから。

セブンイレブン袋ラーメン金の麺醤油スープ

色は薄目の醤油色。そこに油が浮いています。「鶏油」が使われているようなのでこれが鶏油でしょう。上品な醤油の香りが鼻を抜けます。味はインスタント感はありますが、複雑で深い旨味を感じます。鶏油が効いているのでしょうか。私独自の見解ですが、インスタントラーメンの「醤油」味というのは一番インスタントっぽさを感じやすい味、と考えるのですが、これは極力その弱点を消している醤油スープではないかと思います。

麺です。

セブンイレブン袋ラーメン金の麺醤油の麺

特徴的に感じたのは「ぬるっと感」!表現方法は悪いですがヌルヌルした麺に感じました。これがまた心地よいのど越しで美味しいです。噛んだ麺ももちもちで弾力あり。さすが金の麺。タイトル負けしていません。更に、麺自体に味を感じました。塩分をしっかり感じます。これにより麺の存在感がグンと前に出てきます。

<セブンイレブン金の麺 醤油まとめ>
やはり麺の美味しさを強く感じるラーメンでした。インスタント乾麺の生麺志向が進む中、この金の麺もしっかりと生麺の風合いを出しています。若干、醤油スープの方は主張が弱いかな。整った美味しい味ですが、心揺さぶる味わいではありませんでした。「普通」という言葉を使わざるを得ないところです。

ごちそうさまでした。



セブンイレブン金の麺味噌

お次はこの味。

セブンイレブン袋ラーメン金の麺味噌

金の麺 味噌
お値段 95円(税込)
カロリー377kcal

期待の味噌です。セブンイレブンの冷凍ラーメン味噌が感動の味でしたので。

袋の中身はこうです。

セブンイレブン袋ラーメン金の麺味噌

こちらも麺と液体スープ。

調理方法は醤油と同じ。

セブンイレブン袋ラーメン金の麺味噌

液体スープの様子です。液体というより泥状になっています。

麺が茹で上がりどんぶりに注ぎます。

味噌もまた自分で用意していたトッピング盛り付け。

完成しました!

セブンイレブン袋ラーメン金の麺味噌

チャーシューは同じくセブンイレブンチャーシュー。それプラス「ほうれん草とコーンのソテー」というお弁当用に添える冷凍食品をチンしてトッピング。見た目的にもしょぼくなっちゃいましたが・・・。

頂きます!

スープです。

セブンイレブン袋ラーメン金の麺味噌スープ

味噌ですが澄んだスープです。よくあるインスタントの味噌ラーメンの風合いかと思いきや!やっぱりやってくれますセブンイレブンのど越し優しくまろやか。のどにキッとくるインスタント感が感じられません。「セブンイレブン冷凍味噌ラーメン」ほどのマイルドさはありませんが、他のインスタントラーメン味噌と比べるとスープの柔らかさが違います。旨味もぎゅっと詰まっています。

麺です。

セブンイレブン袋ラーメン金の麺味噌の麺

麺はおそらく醤油と同じかな?やはりぬるっと感とモチモチ感はとても美味しいです。この味噌スープとの相性もバッチリです。醤油とは逆にスープにインパクトがあるので、麺の美味しさはプラスアルファ的なものになっちゃいます。これが理想のラーメン像なのかもしれません。

<セブンイレブン金の麺 味噌まとめ>
麺のうまさは醤油と同じで美味しかったです。しかしこの味噌スープも素晴らしい出来栄えなので「目立つはずの麺が目立たない」といったところでしょうか。このラーメン全体のバランスが絶妙でインスタントラーメンとしてはかなりのレベルになっている!そんな一杯のラーメンでした。中途半端に入れたコーンのトッピングもめちゃくちゃあいました。味噌とコーンはやはり相性イイんですね。

ごちそうさまでした。



セブンイレブン金の麺塩

最後は「塩」味をいただきます。

セブンイレブン袋ラーメン金の麺塩

金の麺 塩
お値段 95円(税込)
カロリー337kcal

中身です。

セブンイレブン袋ラーメン金の麺塩

麺と液体スープですね。

どんぶりに液体スープを入れます。

セブンイレブン袋ラーメン金の麺塩

液体スープの様子です。白っぽいスープに何かちょろっと入っています。

茹でた麺をどんぶりに注ぎ・・・

塩もまたオリジナルのトッピングで頂こうと思います。

完成!

セブンイレブン袋ラーメン金の麺塩

チャーシューは三度セブンイレブンチャーシュー。そこにこれまたセブンイレブンの「味付けメンマ」です。う~ん「葉物」がなかった。

頂きます!

スープ。

セブンイレブン袋ラーメン金の麺塩スープ

レンゲですくっているのですが、見えるでしょうか?!黄金色とかではなく「透明」です。

味の方は?

何だこれッ!インスタントの味わいではないです。インスタント的な角の立ったのど越しは全くなく、とっても滑らか。だしの旨味が思いっきり効いた美味しいスープ。原材料のチキンエキス・魚介エキス・こんぶエキスからなる味わい。「エキス」というものが何だかよくわからないインスタントチックなものですが、これでここまで本格的なスープが創れてしまう技術というものが怖いと感じるぐらい美味しいです。これも「進化」ということなのでしょうか!

麺はこれ。

セブンイレブン袋ラーメン金の麺塩の麺

結局、醤油・味噌・塩すべて一緒のようです。原材料表示も全く同じでしたので。

そしてこの塩スープにも金の麺はズッポリ合っちゃってる訳です。なめらか麺と塩スープ。こんな塩ラーメンが袋インスタントで味わえる・・・!恐ろしい。

<セブンイレブン金の麺 塩まとめ>
袋タイプのインスタントラーメンもここまで本格的になっているのか!と感じさせる味わいでした。これは個人的に私の好み?いやいや誰が食べても高評価となるラーメンだと思います!液体スープだけでも個別で販売してほしい。様々な料理に使えそう!それぐらいのスープの味でした。あと、トッピングは水菜やカイワレが合いそうです。チャーシューも「鶏チャーシュー」がマッチしそうです。

ごちそうさまでした。




スポンサーリンク


セブンイレブン袋ラーメン金の麺まとめ

麺が主役のインスタントラーメン「金の麺」!乾麺を生麺のように仕上げる技術がもろに感じ取れるラーメンでした。「ぬるっとした麺の様子」がイイですね!

しかし「液体スープ」の本格さも凄い。それぞれ個性があり楽しめました。

ちなみに、私の順位付け。

一位
二位 味噌
三位 醤油

でした。

味噌がとても食べやすくダントツの一位になるかと思いきや、が凄かったです。

皆様はどういう順位になりますでしょうか?!ぜひ三食味わってみてください。面白いです。



最後まで読んで頂いて誠にありがとうございます。




セブンイレブンの袋インスタントラーメン「金の麺」醤油・塩・味噌食べ比べ! ページ先頭へ


 

↑ PAGE TOP