おでんにとうもろこしを入れると「祭り」の味になるゾ?!なぜだ?


おすすめまSU!

おでんにとうもろこしを入れると「祭り」の味になるゾ?!なぜだ?


おでんとうもろこし

おでんに具として とうもろこし を試してみました。変わり種の部類に入る具材だと思いますが、扱いやすそうだし、他の具材に悪影響を与えるものでもないと思い、チャレンジです!

とうもろこしと言えば塩・バターなどが合いそうな食材ではありますが、おでんのスープに思いっきり染み込ませて食べてみたいと思います。

とうもろこしが和風のスープを吸うとどうなるんだ!?




スポンサーリンク


真空パックとうもろこしを使用しました。

スーパーの野菜売り場に普通に売られているとうもろこしではなく、真空パックのとうもろこしを使いました。

おでんとうもろこし

こういう商品。そしてこれは百均のダイソーの商品!とうもろこし1本100円はやっぱり安い。使わない手はありません。しかもそのままでも食せる状態にしてくれている訳です。カットしておでん本鍋に投入!これでいいわけです。


パッケージに「温めるといっそう美味しい」とあったので、封を切ってレンジでチンしました。そのままおでんに入れるよりも染み込みやすいかな、と思い。

おでんとうもろこし

それからこのようにカットします。美味しそうなとうもろこし。原材料によると、食塩は使われていないようです。おでんに使いやすい具材です。一個味見を。美味しい。甘い。ちょっとみずみずさが足りないかな?これが逆におでんむきかも。


あとはこれを弱火でゆっくりおでん本鍋で煮るだけ。

そしてこんな感じに出来上がりました。

おでんとうもろこし

で!この味わいが やばいッ!




とうもろこしが「祭り」風味に!

そもそもとうもろこしは夏が旬の野菜。夏祭りに活躍するイメージもあります。

おでんとうもろこし

香ばしい風味が何とも言えない屋台のとうもろこし。

おでんのとうもろこしは、この味わいになるんですね。焼いてもないのに。香ばしさもないはずなのに。香ばしさすら感じる。

錯覚?

祭りなどで出店している屋台の焼きとうもろこしは醤油ベースのたれをからめて焼くようで、その味わいが焼きとうもろこしというイメージを作っている。そのイメージに誘導されている感じ。醤油で味付けされたおでんスープがめいいっぱい染み込めば「祭り的な」風合いに感じてしまうと分析しています...。



とうもろこし。スープが染み込まなさそうで結構染み込むんですね。一粒一粒に。これが本当に美味しい!マイルドな甘さと和風の味わいがいい塩梅で絡みます。

そしてこの祭り風味がおでんにピッタリ。おでんの具としてなかなかの変わり種を見つけました!





スポンサーリンク


おでんとうもろこし まとめ

おでんとうもろこし

おでんの具にとうもろこしは断然ありですね。塩で食べるとうもろこしと味わいは全く異なりますが、間違いなく美味しいです。祭り風味!味わってみて頂きたい。

そしてみずみずさが少々欠ける「百均ダイソー」のとうもろこしというのがおでん向きなのかな?!なんて感じもしました。その分スープをグーンと吸い込んでくれるのでは。そう感じました。

子供と一緒におでんを楽しむ際も受けがいいでしょう。芯の部分も箸でふにゃっと差しやすいので、食べやすいです。

夏の野菜ですが、真空パック商品なら冬でもOKという訳。旬を気にしないで楽しめます。おでんの具としての扱いやすさも優秀。ぜひ試してみて下さい。



 

↑ PAGE TOP