おでんに黒はんぺんの代用としていわしつみれを入れて楽しむ!


おすすめまSU!

おでんに黒はんぺんの代用としていわしつみれを入れて楽しむ!

2019/11/25


おでんいわしつみれ

おでんで いわしつみれ を楽しみました。

静岡おでんを作ってみようと思い具材を買っていたのですが、静岡おでんで重要な具「黒はんぺん」がどこにも見当たらない...。黒はんぺんを食べる地域ではないけど、どこかには売っているだろうと思ったのですが。

そこで、黒はんぺんの代用として一番近いものが「いわしのつみれ」かな?ということで購入しました。ネットで色々見ていると、いわしのつみれもおでんの具としてよく入れられているようです。

おでんのいわしつみれ。こんな感じでいただいてみました!




スポンサーリンク


目次

おでんいわしつみれ 調理開始!
おでんいわしつみれ 完成!味わいは?
おでんいわしつみれ まとめ



おでんいわしつみれ 調理開始!


調理といってもつみれは一から作ったものではなくスーパーで買ってきたもの。

おでんいわしつみれ


これを一度、沸騰したお湯で軽く湯通しします。


そして今回は「静岡おでん風」にするということで、このつみれを串にさします。

おでんいわしつみれ


後はおでん本鍋に投入するだけ!

おでんいわしつみれ

右下にあるのがいわしつみれです。

ここからしっかりと弱火で長時間煮込んでいきます。崩れないか心配ですが楽しみ!




おでんいわしつみれ 完成!味わいは?


静岡おでんチックに魚粉と青のりをかけて完成!

おでんいわしつみれ

間に冷ます工程を加え、合計2時間程度火にかけましたが、崩れはナシ。串からも外れず取り出せました。

さあ、いわしつみれの味わいは?!いただきます。

青魚だから魚介の味がしっかりと感じられます。染み込んだおでんスープといわしの風味の相性は抜群。同じ練り物でもさつま揚げやちくわとは全く違った味わいと食感を楽しめます。


いわしつみれ。お鍋だけではなく、おでんでも活躍できることを実感しました。いわしの旨味もスープに注がれるでしょう。練り物系はちくわ・さつま揚げが我が家のおでんでは定番となっていましたが、「つみれ」も今後注目していきたい具。いわしだけでなく色々な魚のつみれがありますし、鶏もあります。おでんの具のレパートリーが一気に増えそうです。一から作りたいところですが、まだまだ他の具の下ごしらえに必死ですので、当面はスーパーで出来たものを購入です...。




スポンサーリンク


おでんいわしつみれ まとめ


おでんいわしつみれ

材料や調理工程から、黒はんぺんに近いものはいわしつみれと判断し入れてみました。黒はんぺんってこんな感じなのかな~なんて思いながら頂きました。それは別として、いわしつみれのおでんとの相性の良さを感じれました。「しっかりと魚の味!」というのがイイですね。具としての個性を主張してくれます。濃口醤油ベースのスープ・薄口醤油ベースのスープ、どんなスープにも合いそうです。



 

↑ PAGE TOP