百均ダイソー野菜みじん切り器。使い方次第で超絶便利グッズに!


おすすめまSU!

百均ダイソー野菜みじん切り器。使い方次第で超絶便利グッズに!

2020/05/04


百均みじん切り器

遂に見つけたぞ!百均のみじん切り器。ダイソーです。300円商品ですが、こういう「みじん切り器」としては破格の安さ。買うか、買うまいか迷っていた野菜みじん切り器。300円なら試してみよう。

野菜のみじん切り器が欲しかったけど買わなかった理由。

キッチンの調理スペースも狭く、まな板も小さ目。更に包丁さばきも下手。ということで、みじん切りがしにくく飛び散りもストレス。こういうのがあればみじん切りが苦じゃなくなるのでは?でも千円程度するグッズで、洗うのがめんどくさくて結局包丁の方がいいや、という結末も予想される。

という理由なんですが...。


「みじん切り器」 と検索すると、ハンドルを回すタイプや、ヒモみたいなので引っ張るタイプなど様々な野菜みじん切りグッズが表示される中、この商品はプッシュタイプのようです。

よくわからないけど、何となく安っぽさを感じるけれども、使えればラッキーです!百均ダイソー「野菜チョッパー」使えることを願って使ってみます。




スポンサーリンク


目次

野菜チョッパー 観察!
実際にみじん切り!使用感は?
ちまたで見かけるみじん切り器!
ダイソー野菜チョッパー まとめ



野菜チョッパー 観察!


まず「ダイソー野菜チョッパー」をじっくり観察!

百均みじん切り器

袋から出すとこのような感じ。


・ハンドル部分

百均みじん切り器

押したら刃が出て、バネで戻るシステム。何回もプッシュして切るようです。結構強めのバネ。


・刃の部分

百均みじん切り器

大きく波型になった刃。こんなもんで大丈夫なのか?といったところですがどうでしょうか?


・フレーム

百均みじん切り器

このフレームがあることによって、刃の間に食材が入り込まなくなっています。


・ケース部分

百均みじん切り器

食材を入れるケース部分です。これ、ちょっと 小さい な~。

ケース直径は...。

百均みじん切り器

8㎝ ちょっとといったところです。そして深さは4㎝ 程度。かなり小分けにしないといけない気が。

ケースの下には「底フタ」があり、

百均みじん切り器

このように外せます。...って、何で?商品説明によると、「外して、まな板の上でも使用できます。」とのこと。 なるほど! まな板に置いた食材をそのまま直でチョッパーできる訳ですね。


ケースも小さく、全体的に「大丈夫か?」といった印象ですが、まな板直で使えるというところが面白い!このポイントに期待を感じます。


では。さっそく実際に使ってみましょう。




実際にみじん切り!使用感は?


百均みじん切り器

本来このケースに食材を入れる訳ですが、やっぱりどう見ても小さすぎる...。

ここはしょっぱなから まな板直バージョン でやってみよう!包丁やまな板を使うから意味がない?いやいや、このケースに食材を入れるなら、前もってある程度小さく切らないといけないので、どのみちは包丁・まな板は使う訳です。

玉ねぎをみじん切り!

百均みじん切り器

まな板上で適当にざく切りした玉ねぎ。


百均みじん切り器

収まる量の玉ねぎに野菜チョッパーをかぶせたらハンドルをプッシュ!10回程度プッシュすれば粗みじん切りほどになります。

百均みじん切り器

こんな感じです。力は結構入れないといけません。手のひらで真上から体重をかけながら、みたいな。切れ味が良くないのか、サクサクというより少し潰れる感触もありますが、ちゃんとみじん切りになってくれています。


残りも同じようにガンガン野菜チョップしていきます。

百均みじん切り器

全ての玉ねぎのみじん切り完了~!

百均みじん切り器

この量の玉ねぎを、この大きさのまな板でみじん切りしても、飛び散りはナシ!まな板からこぼれることもナシ!スピード感もあります。これは使えそうだ。


ちなみにニンジンもこのような感じ。

百均みじん切り器

もちろんこちらも飛び散りはなく、まな板の上でまとまって完成してくれます。玉ねぎよりも切りやすいですね。



百均みじん切り器

■ 百均ダイソーの野菜チョッパー 総評!

ケースを飛び散り防止のアイテムと見立て、まな板上の食材をポンポンみじん切りしていくこのシステムは画期的!この使い方がメインか?!大きな玉ねぎ丸々1個が、30センチまな板でもこぼさずスピーディーにみじん切りできる感じです。

ただ、切れ味の悪さ・力がいることはマイナスか?みじん切りに慣れている人はわざわざこれを使わなくてもといった商品かもしれません。「こぼさないようにみじん切りすることを苦に思う人」向きの商品でしょう。

小さなまな板で、もたもたみじん切りをしている私にとっては使える商品だと思いました。ミートソースなど大量のみじん切りを要する料理には重宝しそうです。しかしこれから毎回使うようになるか?これがちょうど微妙なところ。洗う手間ですね。器具は小さくそこまで洗いの手間は感じませんが、包丁・まな板に比べたら少し面倒です。みじん切りの量やその日の気分で使ったり使わなかったりとなりそうです。




ちまたで見かけるみじん切り器!


お店やネットショップでよく見かける、百均ではないみじん切り器。ヒモを引っ張るヤツ。

手動のみじん切り器としてこういうタイプが一番使いやすそうだなと、ずっと興味をもっていて買わずにいたもの。構造もシンプルで、価格もそれほどしない。ダイソーの300円野菜チョッパーを買うなら、もうこっちを買えよって感じにもなりましたが...。ダイソーの商品も独自の使い方がある訳で...。う~ん、でもやっぱりあのヒモを引っ張ってみたい!





スポンサーリンク


ダイソー野菜チョッパー まとめ

百均みじん切り器

底フタをしたケースの容量は大き目のカップアイス程度。ガッツリとみじん切りをするなら効率が悪すぎると判断して試しもしませんでしたが、少量の何かをみじん切りするとき、そしてその食材をケースに入れる際に一切まな板と包丁を使わなくていい食材のとき。例えば手でちぎって入れれそうなキノコ類とかでしょうかね。

底ブタ外す外さないの二択の使い方。使い方次第でかなりの便利グッズに化ける気がします。



 

↑ PAGE TOP